エヴァンゲリオンネタ!なぜシンジはレイ・アスカではなく、カヲルを選んだか?

投稿日:2017年2月16日 更新日:


久々のエヴァネタ。この記事でははじめて書きますけれどね。(笑)
知人にエヴァ大好きなディベーターがいて、こんなお話をしていました。

「エヴァのヒロインは誰か?」

カヲル君だろ!

 

広告

はじめに

0.ヒロインの定義

そもそも何をもってヒロインといえるか?

主人公が選んだ相手、です。カヲルくんに決定。

え・・・少年漫画で男の子が主人公なら、女の子がヒロインになるのは当然でしょ?」と突っ込んだら、こんな反駁(反論に対する反論)を受けることに。

  • ヒーローとヒロインの関係が必ずしも男女なら、同性愛の物語は成り立たない。よって、必ずしもレイやアスカがヒロインである必要はない
  • 次に、カヲルくんが女性でないことを証明していない。確かに姿かたちは男だが、使徒である。形を変えることもできるのはないか?
  • よって、カヲルくんの性別が解らない以上、ヒロインの定義が必ずしも女子でなくてよい以上、ヒロインは主人公が選んだ相手と定義するのが、今回の場合は妥当である

妙に納得。

結論:ヒロインの定義:主人公が選んだ相手

 

1.【そもそも論】シンジはカヲルくんを選んだのか?

「え?シンジはカヲルを選んだの?」という質問が寄せられます。

カヲルくんと出会う前のシンジくんですが、女性恐怖症になったのが大きいですね。

根拠1.女性恐怖症になったシンジくん

かつてはハーレム状態の碇シンジ君でしたが、物語が後半に進むにつれて、

  • レイが人造人間だと知る
  • アスカは放心状態で抜け殻状態
  • ミサトさんから欲求不満の対象にされる
  • リツ子さんはデフォルトで怖い

「ミサトさんも、綾波も、アスカも怖いんだ。僕はどうしたらいい?」と湖の前で夕日を見ながら絶望に暮れているシンジくん。

そんな絶望のどん底に表れたのがカヲルくん。

根拠2 そこで、カヲルくん登場

優雅にカノンを歌っていました。

歌はいいね。心を潤してくれる。
リリンの生み出した究極の文化の営みだよ。

何を言いたいのかがサッパリ解りませんでした。

挨拶を済ませて、

「カヲルでいいよ。」とにこやかに言われて、
「僕も、シンジでいいよ」と顔を真っ赤にしていました。

・・・BL突入か?

広告

この後に、いざこざがあるわけですが。。。。

そこは割愛。

話は飛びまくって、映画「air・まごころを君に」です。

根拠3 そこにいたんだね。カヲルくんが決定打

「まごころを君に」の前半で、物語がシンジの脳内現象にトリップする直前のシーンですね。

リリスの姿がレイになって顔を歪めるシンジ。そして、発狂。

その姿が、カヲルくんに変わったときに、

「そこにいたんだね、カヲルくん」

といって、安らかな笑顔になるシンジくん。

レイ、アスカ、ミサトさんを見るたびに、恐怖で引きつっていたシンジくんですが、カヲルくんと再会したときにそれはなくなりました。

やっぱり、シンジくんが心を許せたのはカヲルくんだと判明。

 

2.カヲルくんがシンジに何をした?

シンジくんにとって、カヲルくんはカウンセラー的な存在だったと考えてみました。

2-1 否定され続けたシンジくん

元々、シンジは、エヴァに乗りたくありませんでした。

ところが、ミサトも、レイも、アスカも、そんなシンジの気持ちはわかってくれません。

エヴァのパイロット=碇シンジとして接します。

そうしないと、人類が消滅しますからね。

若手社員が、中間層の人たちから、「キミは若いんだ。この国の将来を背負ってしっかり働けよ!」と毎日言われるようなものです。

少しでも「働きたくない」とぼやくと、「若いのに何を言っているんだ!若いのがそんなんだと日本の将来がダメになるだろ!」とおじさんたちからいつもプレッシャーをかけられている若手のような存在です。

正直、やってらんない気分だと思います。

ここら辺のネタは、常見先生の「エヴァンゲリオン化する社会」が参考になるかと思います。

一方で、レイやアスカはエヴァのパイロットであることに疑問を持っていません。

  • レイ:エヴァに乗ることが当たり前だと思っている
  • アスカ:エヴァのパイロット=自分の価値

ところが、シンジは「エヴァのパイロット=自分の存在価値」ラベルを張られているだけです。

誰も本当の自分なんか見てくれない!と思い、殻に閉じこもっていました。

例えば、女性が男性に「私ってどんな人に見える」と質問をしたら、こんな答えが返ってきたときと同じです。

「美人で服のセンスがいい子。」

・・・・外見かよ!

と、表面や社会的ラベルだけを張られて、内面は全力で無視されている状態です。

2-2 カヲルくんは、全てを受け入れた

ガラスのように繊細なんだね。君の心は。好意に値するよ。

この一言がやっぱり大きかった。

(弱いところも含めて)ありのままのキミが好きだよ!

というメッセージに聞こえたのかもしれません。

それを「好意に値する」と独自の解釈をしました。

相手のことをありのまま受け入れる

カウンセリングの世界では、ありのままの相手を受け入れる態度-受容的態度/共感的態度-といいます。

カヲルくんは、シンジくんに対して、この接し方を徹底的にしていました。

 

3.ある意味、残酷なカヲルくん

ところが、カヲルくんは使徒でした。

何か特定の目的があって、自分に近づいたと思ったのでしょう。

「裏切ったな。僕の気持を裏切ったんだ。父さんと同じように裏切ったんだ」

とカヲルくんを非難しました。

シンジにとっては、手のひらを返されたような気分だのでしょう。

「カヲルくんもみんなと同じだ。父さんやミサトさんのように、
僕がエヴァのパイロットだから優しくしていただけなんだ!」

と思っていたことでしょう。

受容的態度や共感的な接し方は、コミュニケーションをするうえで、物凄く大切ですが、相手からどっぷり依存される危険性もあります。

そして、それが勘違いだと気付いたときに、それまでの好意が180度変わります。

嫌悪に変わります。

結論:シンジがカヲルくんを選んだ理由

依存したかっただけかもしれませんね。

 

関連記事と広告

関連記事と広告

-マンガ・アニメ・ドラマ

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.