エニアグラム-タイプ6「安全を求め行動する人」

投稿日:2017年6月21日 更新日:


□私は、典型的な日本人タイプだと思う。良い意味で長いものには巻かれる
□性格は明るいし社交的である。それがいちばんの処世術だからだ
□学校が好きかどうかは別として、先生に対しては順応だったかも
□会社では何をするにも上司から確認をとるようにしている
□尊敬している人たちはいる。ヒーローのような存在である
□案外と上からはかわいがられているのだと思う
□興味あることよりも必要な情報を調べる癖がある。気づけば電車の中でスマホをポチポチ
□自己主張をせずとも、自分の意見や要望を通す方法を誰よりも知っている
□なんだかんだで会社員として働くほうが心身ともに安定する
□独立・起業をするとしても、準備万端な状態で行う

目次

タイプ6の特徴、長所、短所

タイプ6は、「忠実な人」「安全を求める人」と呼ばれています。今回、タイプ6を「安全を求めて行動する人」と称したのは、タイプ6は、会社や友人のため誰よりも行動をするからです。
安全主義やリスクを取らないようなイメージをお持ちの方がいますが、実際は逆です。安全・安定を欲するからこそ、今ある状態を維持するために行動をし続けます。「守る人」と称してもよいでしょう。

長所

非常に仲間や友人を大切にします。また、熱心に働き、組織に貢献します。自分が何を求められているのかを察知して、相手のニーズに応えるべくして動くように日々心掛けています。
そんなタイプ6だからこそ、いざというときにとても頼もしく、非常に頼れる存在になります。ナンバーワンが近くに置きたい良きナンバー2のような存在です。

短所

一方で、非常に疑い深い一面もあります。「いつか自分は裏切られる」「捨てられるときはあっさり捨てられる」と心の中ではネガティブな感情が錯綜しています。
また、権力に対しては順応である一方、いつも疑念を抱いている側面があります。よきナンバー2なのにも関わらず、どこかでナンバー1を疑いまくっている側面があります。

タイプ6は、自立こそ必要だと思いますが、自立をするにしても支えがないと生きていけないと考えています。だからこそ、人を大切にするのですが、それは自分の不安を和らげる行為かもしれません。
一方で、どんなに安定・安全な立場に身を置いても「不安」は付きまとい、その不安を解消するようにあらゆる状況を先読みして、先手を打つように行動します。

タイプ1の有名人・マンガのキャラ
野比のび太、いのっち、指原莉乃、

タイプ6が嫌うこと・好むこと

タイプ6が嫌うこと

「チャレンジしろ」「限界を超えろ」的な指示
仲間を苦しめる人、仲間外れにされること
計画性ゼロ、無責任な人

タイプ6が好むこと

「大丈夫!できる」と安心感を得られたとき
仲間や家族との一体感を感じられたとき
失敗しても保険があると思える状況

気さくで付きあいやすいタイプ6ですが、これだけは覚えてください。タイプ6は、とにかくリスクを嫌うこと!自分に不利益を被ると判断した瞬間に、タイプ6は拒否するような反応を示します。
また、自分の仲間や家族が脅かされると感じたら、必死になって対抗します。そして、愛かお金といった二者択一式の問いは好みません。得られるものより失うほうに意識が行きます。

タイプ6が持っている囚われ

タイプ6がもつ囚われは、「不安」です。タイプ1は、自分の理想を実現させるために行動しますが、タイプ6は、「権力者に守ってもらいたい」「安全なポジションにいたい」は、不安を解消するために行動します。

タイプ6は、いつか親や先生たちから見捨てられるのでは?と疑念を抱いて生きてきました。だからこそ、忠実であり、守ってもらうために、あらゆる人心掌握術や人たらしの技術を身につけてきたタイプ6もたくさんいます。

一見、世渡りが良く付き合いやすいタイプ6ですが、タイプ6の根底にあるのは権力によって脅かされる不安なのです。

タイプ6の危険信号

極度な不安に支配され、人生や娯楽を純粋に楽しめないときは、タイプ6にとって危険信号とも言えます。

デフォルトはネガティブなタイプ6ですが、不安過ぎて何もしたくないレベルでネガティブになったとき、タイプ6はヤバいでしょう。

タイプ6が幸せになるため

過度に考える癖を改めること。それ以前に、世の中の不安は全部自分が勝手に作り上げているものである、と気づくこと。
外からの脅威におびえるよりも、身の回りの仲間と楽しい時間を凄くことに意識を注いでいれば、タイプ6にとっての良い姿です。

関連記事と広告

関連記事と広告



-エニアグラム

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.