論理vs感覚-うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違いとは?

投稿日:2016年11月6日 更新日:

広告


文系脳と理系脳は何が違うのか?議論の講師が語るコミュニケーションと考えの食い違いを全て解説 の番外編です。

できれば拡散してください。

まず、この記事に訪問してくださり、ありがとうございます。

ディベートの講師をしているせいか、皆さんからささ脳と思われているようですが、完全にうさ脳の木村です。

2019年のディベートに向けて、個人が自分の得意な思考や表現方法を身につけられるようなプログラムを作っています。

即興ディベートワークショップ

この記事では、利き脳をテーマに4つのタイプについてすべてお伝えしていきます。

はじめに

1.腕と指の組み方で情報の「捉え方」と「処理」の仕方がわかる?

右脳左脳

出典:http://feely.jp/5429/

以前、FACEBOOKで知人が紹介していて興味をもちました。

1-1 腕を組んでみる

まずは、両腕を組んでみてください。

  • う脳:右が下であれば、右脳で情報処理
  • さ脳:左が下だったら、左脳で情報を処理

おそくら、無意識に自分の利き腕を守っているのだと思います。

1-2 指を組んでみる

  • う脳:右が下であれば、右脳で情報処理
  • さ脳:左が下だったら、左脳で情報を処理

同じように、今度は、指を組んでみて、右の親指が隠れていれば、右脳で情報を捉えるとのことです。

さて、あなたは、4つのうちどれでしょうか?

2.うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違い

例えば英語の勉強をしているとき。

さ脳は教科書通りに英語を覚えるのが得意です。英語の教科書そのもは、論理的に構成されていますからね。体系的に情報が整理されているほうが助かるのでしょう

一方、そんな教科書は、う脳の方には向いていません。う脳は、英語の音や雰囲気など感覚を活用して覚えるほうが得意だといわれています。

別に、両者の良し悪しはありません。とりあえず、4つのタイプを見ていきましょう。

2-1 うう脳-右脳でインプット/右脳でアウトプット

楽天的でマイペース
直感とひらめき重視な感覚人間タイプ

言語情報から非言語情報までアナログやインスピレーションで処理をして、アウトプットも感覚や直感で行うことを好みます。人に何かを説明するときに、目の前に絵があって、その絵の様子を説明しているような感じですかね。

うう脳の代表キャラといえばこの人

amazon.co.jp

スティーブジョブズですね。(笑)

アーティスト、デザイナー、クリエイターなどゼロから何かを創り出す人に多いですね。ロジックで考えるよりも、自身の直観やひらめきを大事にします。

天才肌といわれる人に多いです。

一方で、何もご共感覚で情報を処理しているため、抽象的な言い回しが多くなります。

言葉や数字で何かを説明することが苦手です。うう脳には、「私は、人に考えていることを上手に説明できない」と悩んでいる方もたくさんいるのではないでしょうか?その原因は、頭の中でたくさんのことを考えてしまい、結果が言葉が追い付かなくなっているのかもしれません。決して、説明が下手なわけではありません。

各4タイプの中で、うう脳は、最も頭を動かしているのかもしれません。

なんだか、ブレーキも踏まずアクセル全開でドライブしているような感じですね。

 うう脳はディベートが強い?  マシンガントークがハンパない!

余談ですが、うう脳は、案外と「ディベート」が得意だったりします。ディベートは、論理やロジックで考えることが求められますが、最終的にはその論理やロジックすらも感覚で処理できないと試合についていけません。もちろん、トレーニングが必要ですし、一朝一夕では身につきませんが、モノにすれば最強です。

 

2-2 うさ脳-右脳でインプット/左脳でアウトプット

完璧主義で自分で決めたい個性派

うう脳が、感覚でアウトプットするのに対して、うさ脳はインプットは感覚に委ねますが、アウトプットはロジックや理屈で表現することに拘ります。

うさ脳は、誰かと話をすることが大好きです。頭の中にたまっている概念を言葉にして表現することを欲しています。

  • 完璧主義-何事も言葉にできないとイライラする
  • 自分で決めたい-頭の中で無意識にまとめるトレーニングをしている
  • 個性派-人生を通してインプットしてきた経験や情報が色濃く出る

うう脳も個性的な人が多いのかもしれませんが、同じ個性でも、うさ脳は、その個性が露骨なほど表に出てしまう傾向があります。

例えば、あるうう脳のAさんとうさ脳のBさん。2人ともオシャレな服が好きだとします。

うう脳は、「かわいい、すてき~。」だけで終わります。「すてき」という感覚さえ共有してもらえればよいのですから。

対して、うさ脳の方は、「何が素敵なのか?」「どこがポイントなのか?」「自分がその服を着たらどうなるのか?」などあらゆることを自分の言葉で表現しようとします。

そのため、悪目立ちをしてしまうかもしれません。

うさ脳の武器は情報発信力です。ちょっと叩かれてもドンドンと意見を発信する方がストレスフリーな日々になるかもしれません。

なぜなら、考えていることをため込んでいる状態はうさ脳にのっては逆にストレスですからね。

よい聞き相手を見つけるのも一つの手かもしれませんね。

参考になる記事をひとつ!

エヴァンゲリオンネタ!なぜシンジはレイ・アスカではなく、カヲルを選んだか?

2-3 ささ脳-左脳でインプット/左脳でアウトプット

物事を筋立ててマジメに考えるタイプ。
几帳面で努力派

ささ脳は、完全にロジックタイプですね。コンサルやシステムエンジニアで活躍する人にささ脳は多いですね。うう脳とは対照的な位置にいます。

アナログやフアフアした情報は受け入れず、キチンと明文化された情報や形がある情報を好みます。たくさんの人と話したり、膨大な情報まとめるのが得意です。

極端に慎重や完璧主義になり、相手の意見が納得できないと批判する傾向もありますね。相手の意見を批判してもよいですが、ロジックに強ければ、相手の弱いところを指摘して、その後に即興で補強してあげるのもひとつの手ですよ。

<NG例>

うう脳:「占いって信じられないかもしれないけれど、よく当たるんだよね」

ささ脳:「科学的に証明されていないよね。そんなのはダメだよ」

うう脳:「でも、統計的にも証明されているんだよーー」

ささ脳:「統計といっても、データの入手の仕方や調査方法が明らかじゃないじゃん。そんなの怪しいよ」

うう脳:「そっかー(なんなんだこの人(イラッ)」」

こんな対応をするとうう脳は凹みます。「そんなの知っているよ!」と心の中で思っているでしょう。

もしも、こんなことが言えたら・・・。

<OK例>

うう脳:「占いって信じられないかもしれないけれど、よく当たるんだよね。」

ささ脳:「へー、そうなんだ―・・・ってちょっと信じられない。でも、データとかあるにはあるよね。テレビでも正しいと論じている人もいたし・・・」

うう脳:「え!そうなの?でも、確か統計的に証明されているとか行っていた人もいたー」

ささ脳:「そうなんだー。もしも知っていたら教えてよー。統計とかみたいから☆」

うう脳:「え?いいよ。でも、今度ね(調べなきゃ・・・)」

と、こんな感じで、ロジックも上手に使えばちょっと場を盛り上げることもできます。

先ほどの例は、相手の「占いは当たるんだよ」という主張を受け入れながらも、根拠が弱いことをキチンと指摘できています。

その上で、相手に次はどうすればよいかをそれとなく伝えることができます。

ロジックは相手を攻撃したり、批判するためのツールではなく、お互いがハッピーになれるクリエイティブなツールです。

もちろん、どんな話も、その気になれば反論なんてやりたい放題です。

ですが、反論するよりも、相手の話を補強していくほうがお互いに生産的です。

何もごとも整理されていないとイライラするのかもしれませんが、そこは「愛」や「やさしさ」でカバーしてみてください。

あの人、細かいけれど、頼れるよね!と思ってもらえるようなコミュニケーションスタイルを確立してみてください。

2-4 さう脳-左脳でインプット/右脳でアウトプット

理想と現実のギャップに苦しむ自己矛盾型。
転じて細かいことは気にしないタイプ

さう脳は、デジタルな情報をアナログにするのが得意です。わかりやすく言うと、職人タイプです。

マニュアルや手順書に書かれている内容をひたすらこなして、キチンと自分の技術に変えていくタイプ。

プログラマーや事務職などの専門職には必須のスキルです。

ささ脳は、知識を知識として体系化させることには、そこから行動につなげるまで苦手です。アウトプットする際に色々と考えてしまうからです。

対して、さう脳は、知識を武器や技術に落とし込んでアウトプットにつなげようとします。

最初は「考える」から入るのですが、考えてもわからないことは実践してみるのです。

例えば、この人は、さう脳です。

http://amaon.co.jp

メンタリスト・DaiGoさん。

以前あるテレビ番組で、ホリエモンを論破する勢いでマシンガントークをしていたので、うさ脳かと思っていたのですが、ちょっと意外でした。

メンタリスト・DaiGoさんの場合、メディアではエンターテイナーのようにふるまっていますが、ブログでは自身のことを研究者気質だといっています。

だからこそ、メンタリズムをものにできたのかも・・・。

心理学を知識だけで終わらせるのではなく、独自のメンタリズムまで発展させてきたのでしょうね。

最近分かったことですが、研究者にも2タイプいます。

  • 外から観察するだけで行動は控える傍観者タイプ
  • 新しい研究に情熱を注ぐ起業家精神にあふれるタイプ

お魚くんがどちらかが気になるこの頃です。

 

3.利き脳は正しいの?

最後まで読んでくださりありがとうございます。

この記事が流行ったためか、「利き脳は存在するんですか?」と質問されることが増えましたが、私は脳の専門家ではないのでわかりません。

ただ、利き脳に関わらず、自分が得意とするインプットとアウトプットは誰にでもあると思っています。

是非ともあなたらしいインプットとアウトプットができるようになってもらいたいと思って、この記事を書きました。

 

自分のことを「感覚派」だと思っているあなたへ

この手の話をすると、「ロジックで考えるのが苦手だから、自分は感覚派かも・・・」と決めつけている方が多いです。

さう脳やうさ脳の方でロジックでインプット/アウトプットをすることに慣れていないと、自分のことをうう脳だと判定したがる人がいます。

頭の中では論理ベースで考えているのにも関わらず、上手にまとめられないから、自分はロジックに弱いと思い込んでいるだけかもしれません。

ロジック=頭のよさ/話のうまさではありません

ロジックは、誰でも学んで、実践をすれば誰でも身につきます。これはうう脳でも同じです。

これだけは断言しておきます。

また、ロジカルシンキングや論理的思考力にもいくつかジャンルがあることも同時に覚えておいてください。

私の場合、トゥールミンロジックで物事を考えるのが得意なだけです。

ディベート実践編!トゥールミンモデル(ロジック)-6つの論理

トゥールミンモデルという言葉で検索をして頂きありがとうございます。結構、通の人かと。(笑) 苫米地英人さんの著書:「ディベートで超論理的思考を手に入れる」、を読んで、トゥールミンロジックというものがあ ...

続きを見る

即興ディベートワークショップ

関連記事と広告

関連記事と広告

-ナレッジマネジメント

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved.