抽象度とは何か?抽象的との違い!高める方法

2019年8月3日


いきなりですが、あなたは「抽象度」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉を布教させたのは、脳科学者の苫米地英人さん。

副業をしていると、何かと苫米地氏の信者とお会いすることが多く、彼らはアヒルのように「ちゅうーしょーど」と口にするのですが、いつも「ああ、この人たち苫米地さんの手の上で転がされているなぁ」と思ってしまうわけです。

今回は、そんな苫米地さんが提唱する「抽象度」について説明していきたいと思います。苫米地信者の方はショックを受けるかもしれないので、読まないほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

もくじ

抽象度とは?

抽象度とは、論理学や哲学の用語で、「情報量の度合い」を表す言葉です。

簡単に言うと、より高い視点で物事をとらえることができ、なおかつ低い視点の物事についてもキチンと抑えられている状態です。

苫米地英人さんの造語

この抽象度という言葉を広めたのは、認知科学者の苫米地英人博士です。ほぼ苫米地英人さんの造語ですね。

私も、抽象度という言葉は苫米地氏の本で知りました。苫米地さんといえば、現在は脳科学者や認知科学者として知られていますが、元々は上智大学のディベート部にいました。

何やら、苫米地氏の「ディベートで超論理思考を手に入れる」では、ディベートの第一反駁を行うと、抽象度の高い思考が身につくとか・・・?

ここはディベート経験者だけがわかる世界かもしれません。

話が脱線しました。

本題に入ります。

抽象度が高い状態とは?

抽象度とは、物事を捉えるレベルのことです。抽象度が高いは、他の人よりも2つぐらい上の視点で物事を捉えることができます。

例えば、「あなたの地元を盛り上げる」というテーマがあるとします。抽象度が低いと、近所や地元レベルで考えますが、抽象度が高い人は、それよりも広い視点で「地元を盛り上げる」について考えることができます。

「抽象度が高い」の具体例

東京都八王子市を例に考えていきますね。(私が八王子で暮らしているためです)

で、ここで八王子を盛り上げるために八王子でどんなイベントをするべきか?と考えている人は、抽象度が低いわけです。逆に、抽象度が高い人は、八王子以外の街で何ができるかについて考えることができます。

抽象度のあげ方

下図のように、八王子単位で考えずに、中央線周辺の街、東京、国単位で考えることができるほうが、八王子単位で考えている人よりも抽象度が高いわけです。

駅名-鉄道-都道府県-国というカテゴリーで情報を整理してみました。

抽象度をあげて、物事を考えると「八王子」単位で考えても何も生み出せないことに気づきます。

八王子駅周辺で八王子市民だけが知っているイベントを開催するだけになるかもしれません。その後に、みんなで飲みに行くくらいでしょう。これを繰り返すわけです。

逆に、中央線周辺の町に貢献をすればいいのでは?とすんなり考えられる人は、抽象度が高いかもしれません。

理由は2つ

  • 八王子も中央線県内のひとつ
  • 他の街の人にあなたを通して八王子をもっと知ってもらえる

実際い、私も、八王子ではワークショップは行いません。山手線付近で活動をすることが圧倒的に多いです。すると、そこでお客様になってくださった方が八王子にきてくれるわけです。

もちろん、「東京都」全体で物事を捉えることができれば、もっと抽象度が高いことになるし、日本全国なら最強ですね。

まとめると、他の人よりも2つぐらい上のレイヤーで物事を考えられる人を抽象度が高い人になります。

抽象度と抽象的の違い-むしろ対義語

よく勘違いをされるのですが、抽象的抽象度が高いとは全く違います。

  • 抽象的:物事の表面だけを捉えている状態
  • 抽象度:具体的なパーツ部分から全体を包括的に捉えている状態

抽象度が高い人は、抽象思考はもちろんできますし、具体的に物事を掘り下げることできます。逆に、抽象的にしか物事を考えられない人は、ただの抽象的な人です。

「具体的にどういうことですか?」と聞かれたら、「例えば・・・」をたくさん使って話すようにしてみて下さい。

抽象的な人の例

ホームページを作ると、1.事業がみんなに知ってもらえて、2.見込み客様からお問合せを頂けて、3.売上がアップしますよ。

いかがでしょうか?

一見間違っていないのですが、この掘り下げができないとただの抽象的な人で終わってしまいます。

お客様から

表面上はその通りだと思うのですが、実際に構想通りになりますかね?

と突っ込まれたときに、具体的な情報にアクセスできないわけですね。

「あなたの言いたいことはなんとなくわかるんだけれど、具体的に言うとどういうこと?」と質問されて、その質問に対して相手がわかるように伝えられない人は抽象的な説明しかできない人かもしれません。

抽象度が高い=情報を網羅できる

抽象度が高い人は、相手の質問や疑問に対して万人に伝わるポイントを抑えながらも、ひとりひとりに伝わるように、その場その場で情報を掘り下げることができます。

相手の思考レベルに合わせて、一瞬で情報の取捨選択ができる人なんですね。

実際に、私はWeb制作をする前にお客様に対して、ここまで伝えます。

  1. まず、お客様が思わずGoogleに入力しそうなキーワードはないですか?実際にお客様がどんなことに悩んで、検索エンジンに入れるキーワードについて調べていきましょう。(問題解決の視点)
  2. そして、お客様の問題を明確にするようなコンテンツをこちらで作りましょう。30記事くらいを書いてみて、そこから導線を張ります。いきなり検索エンジンで上位に表示するわけではないので、月のPV10000と閲覧時間5分を目指しましょう。
  3. キーワードからお客様のニーズを読めたところで、今お手持ちの商品やサービスをお客様のニーズに合わせて紹介していきましょう。
  4. 期間はだいたい半年間ぐらいです。デザインは後から考えても大丈夫です。まずは骨組みを作っていきましょう。

1.SEO・マーケティング、2.Web制作、3.販促プロセス、4.業務プロセスや進捗の視点

もちろん、これ以上伝えるときもあります。私のお客様は、Web初心者から自分よりも経験があるデザイナー・Webマーケッターの人もいます。ここで大事なのは、常に相手よりも高い抽象度で物事を考えて、言葉を取捨選択していかないといけないわけです。

自分よりスキルの高い人から頼られるためには、専門性で勝負をするのではなく、相手の専門性を活かしながら、総合的に話をまとめていくファシリテーションスキルが問われます。このファシリテーションスキルには、高い抽象度が求められるのです。

ここら辺は、ディベート、エニアグラム、ウェブ制作、コーチングで鍛えられましたね。相手よりもひとつ高い視点で考えることができれば、自分よりスキルが高い人とも対等に話せることができるし、お客様になってくれることもあります。

決して、私が頭がいいとか、有能といいたいわけではありません。抽象度をあげて、対話をするコツを身につけてきただけです。

抽象度が高い=抽象的にインプットができて具体的なアウトプットができる状態

いちばん、右上のタイプですね。お客様に、抽象度が高い人がたくさんいるのか、一時期はかなり助けられましたね。但し、真逆のエリアにいる部下の教育や育成をお願いされたときは本当に参りましたが・・・。

ちなみに、私はいま思考の抽象性をあげることよりも、行動の具体性を高めることを意識しています。目指すは右下。左上に行ってしまうと、ただの抽象的な人になってしまいますからね。

もしも、ウェブデザイナーであれば理想は、お客様の要望やニーズを理解して、さらにその上にある目的まで抑えて、お客様から依頼を受けたことをテキスト作成やコードに反映させられる人ですね。

もしも、あなたが「いや、それ簡単じゃん!いつもやっているから」と思ったら、抽象度はかなり高いのだと思います。

繰り返しになって恐縮ですが、思考だけを抽象化させても仕方ないわけです。それは抽象度が高いと思っているだけで、実態は空にフアフア浮いている天空の城ラピュタ。

バルス!の魔法で一気に崩壊します。

苫米地さんのちょっとずるいところは、思考の抽象度「だけ」をあげるように読者を施している点ですかね。思考の抽象度だけをあげても具体的な行動に落しこめなければ、どうしていいかわからずに出口が見えなくなってしまいます。

その結果、苫米地さんのセミナーに行ったり、コーチングを受けてしまうのです。そこにディベートのテクニックをてんこ盛りするのはやめてほしい・・・ちょっとした願いです。

抽象度をあげる方法は?

具体的なアウトプットを繰り返し行う!
に尽きます。

逆にやってはいけないのは、思考の世界に入り込んでしまうこと。その時は、抽象度が高い思考が身についているような錯覚に陥るのですが、実際は言語化できない情報を頭にたくさんため込み、頭で解っているけれど、人に上手く説明できない・・・なんて状態になっているかと思います。

頭で解っているけれど、人に上手く説明できない状態=頭で解っていないだけ。

もしくは、わかっているだけで、できない人!かも(笑)

おススメのエクササイズ

  • 動詞表現を意識的に使う(形容詞表現は避ける)
  • コードをたくさん打つ
  • 創作活動に励む
  • 長文の文章をたくさん書いてみる

大切なのは、絶やさず頭を動かしていること。同時に口や手足を動かて、何かを作りだすことですかね。

思考の抽象度だけをあげようとしても、結果、「抽象的な人」になり、「私、抽象度高い!うぇーい♪」となっているだけのイタイ人になります。

あ、これ過去の自分に言っています。ディベートだけをやっていたころは、本当に頭でっかちの抽象的な人でした。それが悔し手くて、WebデザインやWordPressを覚えました。

余談&まとめ:抽象度なんて上げる必要はない

思考の抽象度は、質の高い体験を積み重ねれば、自然とあがっていきます。それに伴い具体的に行動をする力も身に尽きます。どっかの変なセミナーに行って、無理をして抽象度あげようとしないことが大事ですね。

その時点で抽象度が恐ろしく低い人になります。(できれば、その講師よりも高い抽象度で物事を考えてみて下さい)

いっきに抽象度をあげることは難しいと思います。おそらく、苫米地さんのコーチングを受けても抽象度は上がらないでしょう。(一瞬、抽象度があがったような錯覚は得られるかもしれないが・・・)

目の前のことを一生懸命やっていていれば、自然と物事を高い視点で捉えられるようになります。

変に背伸びをしないことが大事ですかね。

また、苫米地信者の方は、抽象度!抽象度!抽象度!と叫ばないほうがいいと思います。

あれって、苫米地さんが商売のために作った概念で、その言葉に囚われている限り、苫米地さんの手の上で転がっているだけですよ。

抽象度が高くなっているような錯覚をしているかもしれませんが、実は超低い人です。

逆に、「抽象度」という言葉を巧みに使って、そういう層を作れるから、苫米地さんは凄いと思いますね。

ホント、あの人はディベートを使いこなしている。

関連記事と広告

-コミュニケーション

Copyright© インプロ部 , 2020 All Rights Reserved.