エニアグラム-タイプ1「完璧を求め改革をする人」

投稿日:


どうも!即興エニアグラムワークショップを運営している木村と申します。

※イベントページができたら、リンクを張るので今しばらくお待ちください。

この記事では、エニアグラムの各タイプの特徴について解説をしています。

ad

タイプ1-「完璧を求め改革をする人」です。完璧主義者というよりは、仕事やプライベートでも「よりよい」を求めて改革をするのが好きな人ですね。キチッとした人が多そうですが、意外と陽気な人もいます。

はじめに

テスト結果

さて、こちらのテストは何点だったでしょうか?

エニアグラム診断テスト(27問)-【価値観】【行動】【強み】の3つで診断

エニアグラムの簡易テストを作りました。是非ともお試しください。 元ネタは、エニアグラム心理学コーチング基礎講座で受けたテストの表現と鈴木秀子氏の本を参考にして作りました。 チェックを入れれば、合計点が ...

続きを見る

タイプ1の質問は以下の通りです。

タイプ1診断

【価値観:Being】理想を追求することに意義を感じるか?
_____点

【スタイル:Doing】「あるべき姿を意識して、常日頃から行動しているだろうか?
_____点

【リソース:Having】他の人よりも物事をキチンとこなす能力を持っているだろうか?
_____点

合計点:______

もしも8点を超えていれば、タイプ1の可能性はかなり高いでしょう。ちなみに、私は、4点でした。笑

 

1.タイプ1の特徴-基本編

常に最善を尽くそうと努力を怠らないマジメタイプです。与えられた仕事をキチンとこなし、また他人にも同じことを求めます。タイプ1のような人がいるから組織は安定して日々の仕事に取り組めます。
周りから信頼されて、結果としてリーダーになるのはタイプ1です。

一方で、自分にも他人にも高い基準を求めようとして、批判的・独占的になります。「こうしなくてはならない」という自分独自の考えを他人に押し付け、自分にも課します。

1-1 プラス面

  • 道徳的で信頼ができるまじめタイプ
  • 建設的に意見を述べて、なおかつ適格
  • 理想を求めて身の回りを改善する意識が高い

1-2 マイナス面

  • 「よい」「悪い」など善悪で判断しがち
  • 物事のあら探しをしたり、批判的になる
  • 怒りといら立ちにコントロールされている

あまりにも批判的になって頭がおかしくなったらディベートがお勧めです。笑(しれっと宣伝)

1-3 タイプ1が学ぶとよいタイプは?

タイプ7ですね。日々の生活の中から楽しさを見出そうと心がけます。「まー、いいじゃん楽しければー。Youも一緒に遊んじゃいなよー」みたいなテンションになることが理想ですね。

タイプ1は、天性のストイックさこそありますが、案外と陽気な人が多いです。物事を器用にこなすため、ハイスペックかつ趣味も多彩な人が多いですね。

2.価値観、スタイル、リソース

エニアグラムの新しい視点(価値観、スタイル、リソース)

「エニアグラムをどう活かすのか?」 「本は読んだけれど実践の仕方がわからない?」 「本に書いてあったことは正しいのだろうか?」 エニアグラムを受けると、新しい気づき、理解、そして体験がたくさんあります ...

続きを見る

価値観、スタイル、リソースとは、コーチング心理学協会のエニアグラム認定プログラムで教わったBeing、Doing、Havingの視点です。

タイプ1の価値観(Being)-「こうあるべきだ」「こうならなくてはならない」と理想の姿を思い描いている

タイプ1のスタイル(Doing)-仕事でもプライベートでも、ベターやベストを求めて行動をする。他者にも同じことを求める

タイプ1のリソース(Having)-自分の役割をキチンと果たすべく、時間や自己管理を怠らない。デスクもきれいだったりする

:Being=価値観、Doing=スタイル、Having=リソース、の日本語訳は私がアレンジしました。わかりやすさとSEO的な都合です。

以上です。まだ作りかけの記事で申し訳ございません。毎日更新しているので応援お願いします。

 

 

 

sponsored link



sponsored link



こちらの記事もどうぞ

-エニアグラム

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.