なぜ囚人達がハーバード大学生にディベートで勝てたのか?

投稿日:2015年10月18日 更新日:

広告


囚人がハーバード大学生を論破した件

出典元:ハーバード学生を論破しちゃったアメリカの囚人たちがすげぇ…

NAVERのまとめの記事を読んだとき......

米国の囚人たちがハーバードの弁論部の人とディベートの試合をして勝った!という記事です。

一瞬びっくりしましたね。

どんな議論をしたのかは、細かい説明はされていなかったのが残念。

ところが、これよくよく考えてみると当たり前なのでは・・・と思ったりもしました。

囚人たちのほうがハーバード大生よりも試合に向けて準備をしていた

それだけですね。おそらく、その刑務所は、ディベートの専門家を招待して囚人たちをトレーニングを積んだのかもしれません。しかし、それ以上に決定的な勝因は、試合前にどれだけ準備をしたかです。

アカデミックディベートは、準備が9割の世界だと、お伝えしました。どんなに頭が良くても、議論・討論が得意でも、試合前にリサーチをしなければディベートの試合はできません。

アカデミックディベートと即興ディベートの違い

 

私は、試合前の準備がめんどくさいからアカデミックディベートではなく即興ディベートを選びました。ディベートの試合のためにプレパをする暇があるのなら、ブログの記事を一つでも多く書きます。

 

極論に聞こえるかも知れませんが、中学生が、しっかりと準備をして挑めば、社会人のチームに勝つことは可能です。

 

まぁ、こんなことを言うと、「キミはディベートの本質が解っていない」とどこかのディベート講師にお叱りを受けるのですが、それだったらあんたも学生と同じように準備をすれば、と突っ込みたくなるわけです。教授ディベーターの悪いところがもろに出ます。

 

平均的にディベートがいちばん強いのは中学生か高校生?

死刑論題でディベートの試合を3試合することになりました。1チーム3人で、形式はアカデミックディベートだとしましょう。

  • 1回戦目→中学生の弁論部
  • 2回戦目→社会人の弁論サークル
  • 3回戦目→大学生のディベートサークル

さて、どのチームが一番強いでしょうか?

正解は、中学生チームの弁論部です。一番弱いのは、社会人のディベートサークルです。

もちろん、大学生のディベートサークルも強敵という意見もあるかもしれません。

ですが、現実問題、私が選手として大会に参加をして、中学生のチームをみたら、まずは中学生のチームを警戒します。

中学生が、大学生と社会人の大会に参加をするわけですから、

  • 『絶対にリサーチを徹底して資料を作りこんできたのに違いない』
  • 『試合前にスピーチ練習を繰り返してきたのに違いない』
  • 『議論のパターンは全て出来上がっているに違いない』

と警戒をしているとおもいます。

その証拠にホラ

この人がだれかはわかりませんが、とにかく半端なくディベートが好きなのでしょう。

中学・高校生のディベート部は、部活はディベート、趣味はディベート、休日もディベート、帰宅後もディベート、みたないノリですから。

青春が全てディベートになっている人たちと
試合をして勝つ自信は流石にありません

1チーム3人だとして、3人が3人とも、試合に前に役割分担がキッチリとできている状態です。試合前の準備の量を見積もるのなら、社会人チームよりも中学生・高校生のほうがパフォーマンスが高いでしょう。

私もかつて高校生のチームとディベートをしてコテンパンにされました。もちろん、アカデミック形式です。

その話を知人にしたら、「えー、高校生に負けたの?」と馬鹿にされました。

いやいや違うんですよ。「高校生だから負けたんだ」というのが本当のところです。

確かに大学生や社会人でも、びっしりと準備をして、試合に挑んでくるチームもあります。

但し、残念なのがディベートの公式戦はチームで参加をしなければなりません。原則、一人参加はできません。そして、チームの中に一人でも足を引っ張る人がいれば、どうなるでしょうか?

ひとりだけメチャクチャスキルが高くても、他の2人がディベートのルールすら解っていないような初心者・未経験者であれば試合に勝つことはできません。

対して、中学・高校生は試合に対しての気合いが違います。

ディベート部のノリは、体育会系です。

  • ガンガンとリサーチをするのは当たり前
  • 休日はみんなで集まって図書館に行く
  • 放課後は、パソコンと格闘をする
  • 議論構築、スピーチは反復練習の繰り返し

子どもゆえ素直なのか、そんなことに疑問をもたずにディベートの試合に向けて全エネルギーを注ぎます。

さて、そろそろここまでにして話を戻すと、囚人達がハーバード大学生を論破できた理由はひとつです。

リサーチとスピーチ練習を圧倒的に行った!

それだけです。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人:木村なおき



ワードプレス専門のウェブデザイナー
ヘタクソな文章&アイディア勝負でアクセスを稼ぐの即興ブロガー。
1日10000文字に挑戦中。
■2015~2016年:即興ディベート講師&ブロガー
元・タダのディベート好き&ブロガー。2015年からブロガーとして活動。日本でいちばんアクセスが集まるであろうディベート専門のブログを作る。その後、即興ディベートワークショップ開催して顔出しせず集客に成功。副業講師

■2017~2018年:エニアグラマー&メディア運営
ディベートを使って何かできないかな?と考えて、性格類型やコーチングにハマる。エニアグラム専門のメディアを立ち上げる。翌年、エニアグラム専門のコーチとして独立。(開業届を出さるをえない金額を頂く)

■2018~2019年:個人様向けのホームページ屋さん
ブログっぽいサイトに限界を感じて、本格的にホームページ制作を学ぶ。専門家・専門職、個人事業主、女性起業家向けのホームページ屋さんに転身。現在は、講座運営とホームページ制作をお仕事にしている。将来が不安なので、隠れて転職活動をしている

関連記事と広告

関連記事と広告

-ディベート

Copyright© インプロ部 , 2019 AllRights Reserved.