エヴァンゲリオンネタ!なぜシンジはレイ・アスカではなく、カヲルを選んだか?

投稿日:2017年2月16日 更新日:


久々のエヴァネタ。この記事でははじめて書きますけれどね。(笑)
一昔前に、山崎12年ソーダ割りが大好物なディベーターとこんなテーマで議論をしていました。

「エヴァのヒロインは誰か?」

山崎12年ソーダ割りいわく、レイでも、アスカでもなく、ミサトさんでもありませんでした。

カヲルくんでした。

ad

恋愛、人間関係、仕事上のコミュニケーションに関する凄く重要なエッセンスを詰めたので、是非最後までお読みください。

それではいきます。

はじめに

0.ヒロインの定義

そもそも何をもってヒロインといえるか?

山崎くん(仮)いわく、主人公が選んだ相手、です。カヲルくんに決定。

「え・・・男の子が主人公の場合、女の子がヒロインになるんじゃないの?」と質問してみたのですが、こんな反駁が。。。

  • ヒーローとヒロインの関係が必ずしも男女なら、同性愛の物語は成り立たない。それはエヴァにおいても同じ。よって、レイやアスカがヒロインである必要はない
  • 次に、カヲルくんが女性でないことを証明していない。確かに姿かたちは男だが、使徒である。形を変えることもできるのはないか?
  • よって、カヲルくんの性別が解らない以上、ヒロインの定義が必ずしも女子でなくてよい以上、ヒロインは主人公が選んだ相手と定義するのが、今回の場合は妥当である

エトセトラエトセトラ・・・で、なんかが山崎くん(仮)の論理が通りました。というより、何だか納得。

そんな感じで、ヒロインの定義は、「主人公が選んだ相手」ということでこの後の話を進めていきます。

1.シンジはカヲルくんを選んだのか?

確かに、シンジはカヲルくんに好意は抱いていたけれど、「選んだ」と言い切るのは厳しいだろ!という思いますよね。

かなり意見が割れるところでしょう。

山崎12年ソーダ割りいわく、シンジはレイ、アスカ、ミサトを拒否したという論理でした。そこら辺を解説していきます。

根拠1.シンジは、ミサト、レイ、アスカを恐れていた

エヴァンゲリオンの世界でいうなら、ATフィールド(心の壁)があった状態ですね。物語の途中で、シンジは、レイやアスカに対して、自分を傷つける存在と認識するようになります。

シンジが、レイ・アスカ・ミサトを拒絶した理由については、こちらの記事を参照下さい。

エヴァンゲリオンネタ!碇シンジってハンパなくメンタル強いよね?

根拠2 そこで、カヲルくん登場

湖のほとりで「僕はこれからどうしたらいいんだろう」と悩んでいるシンジの目の前に現れたのがカヲルくんでした。

歌はいいね。心を癒してくれる。
リリンの生み出した究極の文化の営みだよ。

何を言いたいのかが解りませんでしたが、なぜか心に響く一言でした。

どうでもいいかもしれませんが、

  • ディベートはいいね。心を癒してくれる。
  • リリンの生み出した究極の文化の営みだよ

でも意味は通じますかね?

さて、本題に戻しましょう。

根拠3 そこにいたんだね。カヲルくんが決定打

シンジがカヲルくんに心を許せたなーと思えるのは、映画「air・まごころを君に」の「まごころを君に」の前半で、物語がシンジの脳内現象にトリップする直前のシーンですね。

Air-エヴァに乗るまで

Airでは、ミサトさんから叱られて、励まされ、説教されて、大人のキスまでもらって、この後に続きをしようねと約束を取り付けて、おまけにそれが嘘で、とりあえず初号機のそばまで行ったシンジくんでした。

ところが、初号機は変な液体でロックされていて物理的に乗れない状態。もはや絶望です。

すると、今度は初号機は手を差し出してくれました。

「とっとと乗れや。バカ息子!」と言わんばかりに手を差し出す。

やっぱり、初号機に乗るしかないシンジくんでした。

まごころをキミに-その後が悲惨だった

そして、初号機に乗ったのはいいものの、目の前にあるのはズタズタになった二号機です。

ここで発狂。

そんなシンジに追い打ちをかけるように、リリンと同化したレイがシンジの目の前に現れる。

よく精神が崩壊しなかったものだ。二度目に会ったレイはリリンと同化して進撃の巨人のようでした。

エヴァのサイズが人類です。

シンジは、一見誰よりも打たれ弱そうに見えて、案外とタフなのかもしれませんね。(笑)

まごころをキミに-レイがカヲルくんに変身

そんなシンジの目の前に現れたのは、カヲルくんでした。リリンは、カヲルくんに変身しました。

すると、シンジ・・・まるで迷子になって泣きわめく子供の前にお母さんが現れたかのように、

「そこにいたんだね、カヲルくん、」と涙目を浮かべて心身ともに安らぐのです。

あのシーンを見たらピンときますよね。

シンジが選んだのは、レイ・アスカ・ミサトではない。
渚カヲルくんだったと。

さて、前置きはこの辺にして次の話に行きましょう。

2.カヲルくんがシンジに何をした?

子供の頃は解らなかったけれど、大人になって解りました。カヲルくんがシンジにしてあげたことは、とてもシンプルです。そして凄く大切なとことを。

カヲルくんは、シンジに対して

  • 批判をしなかった
  • 全てを受け入れた

の2つを徹底しました。カウンセリングの世界では、これを受容的・共感的態度といいます。まずは、相手をありのまま受け入れる。

2-1 カヲルくんは、シンジを批判しなかった

シンジの人生は大人による裏切られと正論による論破の連続です。自分の言い分や訴えは全部無視されて、大人の言いように使われ続けるだけでした。

シンジの状況を察する限り、疑問をもつことはあっても拒むことできませんでした。

元々、シンジは、エヴァに乗りたくありませんでしたから。

ミサト、アスカ、レイは、そんなシンジを批判するのです。そして、エヴァに乗らざるを得ない状況に持っていくのです。もしも、シンジがエヴァに乗らなければミサトは困ります。仕事ですからね。だから、なんとしても乗せようとします。まさに北風です。

一方で、レイは、シンジがエヴァに乗らないと困るような状況を作りだします。言葉でこそ命令はしていませんが、シンジがエヴァに乗らないとレイは自らを省みずにカミカゼプレイをします。

だから、シンジはレイを目の前にしたときに、エヴァに乗らないという選択ができないのです。まさに、太陽です。やさしくシンジの心をジリジリと焼きます。

そして、アスカ。お解りかと思いますが、論外です。だって、エヴァに乗りたくて乗りたくて仕方ないんですから。だから、エヴァに乗りたくないとかいっているシンジの気持ちは理解できません。

そんな愉快な仲間に囲まれてシンジは、リア充しながらもエヴァに乗ることを強いられ続けていました。社会心理学の世界では、同調圧力って言うんですかね。

断りたくても断れない状況を周りが作りだすことです。受験戦争に駆り立てられる子供たちを見ているようです。

そんなときに現れたのが、カヲルくんでした。カヲルくんは、シンジに唯一エヴァに乗ることを強制しませんでした。ここでシンジは、他の人と違うように感じて、安心をするのです。

※Qではエヴァに乗るように説きましたが、あれはまた別の話です。ここでは言及しません。

続いて、大事なのは次の話ですね。

2-2 全てを受け入れた

ガラスのように繊細なんだね。君の心は。好意に値するよ。

元々、シンジは自己肯定感が低い性格です。アスカのようにエヴァにのれることが社会的ステータスとは思っていません。

レイのように、自分の存在価値はエヴァにしかないとも思っていません。とりあえず、エヴァのパイロットとして使徒と戦う役割を与えられているけれど、それは周りから求められている役割であって、本来の自分のあるべき姿ではない。

ただし、その本来の自分も好きになれない...そんな性格です。

カヲルくんは、そんなシンジの複雑な部分を見据えて、「ガラスのように繊細だからだよ」と意味づけをしてあげました。

それを「好意に値する」と独自の解釈をしました。

エヴァのパイロット意外にラベルがないシンジにとって、この言葉は嬉しかったのでしょう。

カヲルの恐るべき受容的態度。。。。

そんな感じで、シンジはカヲルくんにどっぷりです。

その証拠に、カヲルくんが使徒だと知ったときのショックは大きかったのでしょう。

「裏切ったな。僕の気持を裏切ったんだ。」

とカヲルくんを非難しました。

どんな気持ちだよ、って突っ込みたくなりますが、そういうことです。

ミサト、アスカ、レイは、もしかしたらいつかは裏切るのでは、と疑念を抱いていたのに対して、カヲルくんに対してだけは絶対的だったということでしょう。

繰り返しになりますが、ありのままの自分を受け入れてくれたから、です。

3.ある意味、残酷なカヲルくん

され、これまでにシンジの心を掴んできたカヲルくん。最後の最後でシンジを裏切ります。ご存知の通り、実は使徒でした。第26使徒ダブリスです。

エヴァの世界では、人類も使徒なのですが。。。

最後にシンジに「僕を殺してくれ」というのです。笑顔で。

14歳だった頃に、このシーンをみてどこかでジーンときましたが、今思うとかなりひどいですね。

sponsored link



sponsored link



こちらの記事もどうぞ

-マンガ・アニメ・ドラマ

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.