エニアグラム-タイプ7「楽しさを求め計画する人」

投稿日:


どうも!即興エニアグラムワークショップを運営している木村です。エニアグラム協会が絶対にまねできない新しいエニアグラムを構築中です。

※エニアグラムのイベントページができたら、リンクを張るので今しばらくお待ちください。

この記事では、エニアグラムの各タイプの特徴について解説をしています。
今回はタイプ7です。私は、よくタイプ7と間違えられますね。

ad
タイプ7-「楽しさを求め計画する人」です。タイプ7は、漫画の主人公のように頭の中が楽しいことでいっぱいです。

はじめに

テスト結果

さて、こちらのテストは何点だったでしょうか?

エニアグラム診断テスト(27問)-【価値観】【行動】【強み】の3つで診断

エニアグラムの簡易テストを作りました。是非ともお試しください。 元ネタは、エニアグラム心理学コーチング基礎講座で受けたテストの表現と鈴木秀子氏の本を参考にして作りました。 チェックを入れれば、合計点が ...

続きを見る

タイプ7の質問は以下の通りです。

タイプ7「楽しさを求め計画する人」【価値観:Being】人生は楽しいことをたくさん経験してなんぼだと思っている?
_____点【行動:Doing】積極的に楽しいことだけを考えて、計画をして、行動している?
_____点

【能力:Having】どんな状況でも楽しむことができる?楽観的でポジティブである?
_____点

合計点:______

もしも12点を超えていれば、タイプ7の傾向が強いですね。ちなみに、私は8点でした。Beingが1点です。いつから性格が変わったのか?

タイプ7は物凄くポジティブな性格で誰とでも仲良くなれそうに思えますが、大人になるにつれてタイプ1や6のような振る舞いが求められて、周りから批判の対象になることが多いです。

1.タイプ7の特徴-基本編

1-1 プラス面

  • 楽しいことが好きで、想像性に富む
  • 好奇心が旺盛で、物事に熱中する
  • 積極的に楽しいことを探そうとする

1-2 マイナス面

  • 落ち着きがなく、注意散漫・多動的になる
  • 次から次へと新しいことに興味を持ち、軸がない
  • 退屈に耐えられない。結果、仕事のクオリティーが低い

タイプ7は、色々なことに興味を持つ反面、ひとつのことをジックリと腰を据えて行うことが苦手です。そして、タイプ7自身、ひとつのことをジックリ行うことが楽しくないと感じているため、他人から指摘されても直そうとしません。

1-3 タイプ7が学ぶとよいタイプは?

タイプ7が最もお手本にするべきは、まるで正反対のタイプ5です。タイプ5は、特定のことにじっくりと打ち込むことに楽しさを見出す天性の資質があります。本当の楽しさは、どれだけ色々なことをするかではなく、どれだけひとつのことを深堀してきたか?というスタンスはタイプ7にとっての大きな学びになるでしょう。

2.タイプ7の価値観、行動、能力

エニアグラムの新しい視点(価値観、スタイル、リソース)

「エニアグラムをどう活かすのか?」 「本は読んだけれど実践の仕方がわからない?」 「本に書いてあったことは正しいのだろうか?」 エニアグラムを受けると、新しい気づき、理解、そして体験がたくさんあります ...

続きを見る

価値観、スタイル、リソースとは、コーチング心理学協会のエニアグラム認定プログラムで教わったBeing、Doing、Havingの視点です。

  • タイプ7の価値観(Being)-ポジティブな性格で常に前向きである
  • タイプ7の行動(Doing)-グループ・コミュニティーの中でリーダーシップが取れる
  • タイプ7の能力(Having)-空気を読みながらも、どうやったらワクワクするか?その方法を知っている
:Being=価値観、Doing=行動、Having=能力、の日本語訳は私がアレンジしました。わかりやすさとSEO的な都合です。

以上です。まだ作りかけの記事で申し訳ございません。毎日更新しているので応援お願いします。

sponsored link



sponsored link



こちらの記事もどうぞ

-エニアグラム

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.