エニアグラム-タイプ5「知識を求め探求をする人」

投稿日:


どうも!即興エニアグラムワークショップを運営している木村です。エニアグラム協会が絶対にまねできない新しいエニアグラムを構築中です。タイプ5じゃないけれど、タイプ5並みにエニアグラムの研究をしています。

※エニアグラムのイベントページができたら、リンクを張るので今しばらくお待ちください。

この記事では、エニアグラムの各タイプの特徴について解説をしています。
今回はタイプ5です。

ad
タイプ5-「知識を求め探求をする人」です。9つのタイプの中でいちばん内向てきですね。自分が他人からどう見られているかより、自分が世界をどうとらえているかを物凄く考えます。根っからの研究者気質で、自己と世界の間にATフィールドを張っています。

はじめに

テスト結果

さて、こちらのテストは何点だったでしょうか?

エニアグラム診断テスト(27問)-【価値観】【行動】【強み】の3つで診断

エニアグラムの簡易テストを作りました。是非ともお試しください。 元ネタは、エニアグラム心理学コーチング基礎講座で受けたテストの表現と鈴木秀子氏の本を参考にして作りました。 チェックを入れれば、合計点が ...

続きを見る

タイプ3の質問は以下の通りです。

タイプ5 知識を求め探求するもの

【価値観:Being】専門的な知識や深い知見を求めることに意義を感じる
_____点

【スタイル:Doing】常に、ひとりの時間を大事にして深く考えることを怠らない
_____点

【リソース:Having】誰もが持っていないぐらいの専門的な知識を持っているか?
_____点

合計点____

もしも12点を超えていれば、タイプ5の傾向が強いですね。私は、9点でした。やっぱりHavingが5です。ディベート、エニアグラム、転職、ワードプレスと研究するのは好きですからね。タイプ4や7が働くので、あっちこっちに意識が飛びますが。
でも、私はタイプ3です。タイプ3とタイプ4との決定的な違いについて別途記事を書きます。

1.タイプ5の特徴-基本編

タイプ5は、勉強や研究が好きだと思われがちですが、正確にいうと自分の世界観が好きなのです。タイプ4は、特別である自分が好きなのに対して、タイプ5はジャンルを選びません。平凡なことでもじっくりと考えます。

タイプ5は、「好奇心」「探求心」が物凄く強く、自分の世界に深く入り込むことを楽しんでいます。一方で、価値が感じられないことには一切興味を示しません。個人の好き・嫌いに物凄く左右されます。ディベーターにも多いですね。

1-1 プラス面

  • 分析的で洞察力が優れている。知的好奇心がある
  • 好きなことにはとことん集中する忍耐強さがある
  • 革新性の高いことや新しいことを受け入れる度量がある

1-2 マイナス面

  • 他人と徹底的に距離を置き、自分の世界に引きこもる/li>
  • 興味がないことにはとことん無頓着。どうでもいいの態度
  • 理屈ばかりごねる。論破されると、人それぞれ論に走る

ディベートをしていると、タイプ5の人に会う機会が多いですね。やっぱり。すごく考えるのが好きなようですが、すごくマイペースです。

リーダーとして人を引っ張るよりも、傍観者でいることを好みますね。ディベートの試合をせずに帰るタイプ5もいます。(こら!)

専門的な話や自分が知らないことに強い関心を示します。

タイプ5からは凄く好かれるのですが、タイプ5の女性が周りにいないのが残念。プライベートでもタイプ5の女性とは話が合いますが、おそらく研究対象なのでしょう。嗚呼。

1-3 タイプ5が学ぶとよいタイプは?

タイプ5に足りないのは、外の世界に対しての積極的な態度です。内側に引きこもって外の世界を観察するだけではなく、外の世界に自ら足を踏み込んで、たくさんの経験をしてみることです。

いつ攻めるの?今でしょ!よって、タイプ8ですね。

2.タイプ3の価値観、スタイル、リソース

エニアグラムの新しい視点(価値観、スタイル、リソース)

「エニアグラムをどう活かすのか?」 「本は読んだけれど実践の仕方がわからない?」 「本に書いてあったことは正しいのだろうか?」 エニアグラムを受けると、新しい気づき、理解、そして体験がたくさんあります ...

続きを見る

価値観、スタイル、リソースとは、コーチング心理学協会のエニアグラム認定プログラムで教わったBeing、Doing、Havingの視点です。

  • タイプ5の価値観(Being)-知識や経験値が増えるならそれでよしと思える
  • タイプ5のスタイル(Doing)-興味があることには尋常じゃないほどのめり込める。過集中になる
  • タイプ5のリソース(Having)-特定の分野で専門家並みの知識を持っている。膨大な情報を処理できる力がある

ちょっとショッキングなことを言いますが、知的好奇心や探求心があることと、知識や知恵があることは似ているようで違います。いくら考えることが好きでも、ネタがないと何も始まらないのがタイプ5です。

:Being=価値観、Doing=スタイル、Having=リソース、の日本語訳は私がアレンジしました。わかりやすさとSEO的な都合です。

以上です。まだ作りかけの記事で申し訳ございません。毎日更新しているので応援お願いします。

sponsored link



sponsored link



こちらの記事もどうぞ

-エニアグラム

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.