エニアグラム-タイプ2「愛を求め他者を助ける人」

投稿日:2017年6月20日 更新日:


□目の前で誰かが楽しんでいると嬉しくなる
□「ありがとう」という言われるのが何よりも喜びだ!1日に1回どころか1時間に1回言われたい
□人の好意を素直に受け取らない人、そっけない態度で返す人は嫌い
□バイキンマンのドキンちゃんに対する尽くしっぷりがほほえましい
□八方美人なところがある。正直、誰からも嫌われたくない。案外と二重人格かも...
□みんなの前では地味なキャラを演じているけれど、目の前の人にとってよい相手でイタイ
□会社に貢献しろ!といわれてもピンとこないけれど、目の前の人が喜ぶことはスグに想像つく
□凄く空気を読んでいるし、自分の感情を抑えている。もっと私を気遣って
□大人しそうで、案外と積極的かも。
□恋人に対しては、自分が必要とされているか探りを入れることが多々ある

タイプ2 タイプ2「愛を求め他者を助ける人」とは?

タイプ2は、「支える人」「助ける人」「愛の人」と呼ばれています。愛人ではありません。

タイプ2は、2の数字が表す通り、誰かを助けたり、支えることで、その人(達)から必要な存在でありたいと思っています。愛と気づかいから生まれたような人です。一方で、二重人格や八方美人なところもあります。

タイプ2の長所

タイプ2は、グループには絶対に一人はいてほしいキャラです。タイプ2がいることで、グループ全体が和やかになります。目の前の人が喜ぶなら、多少の犠牲もいといません。組織は数字か人か?と質問されたら、心の中では間違いなく「人」と答えます。
よく完璧主義者っぽい人をタイプ1と呼ぶ人をがいますが、必ずしも正しいとは言えない。タイプ1の多くは、自己の基準や理想、信念に対して完璧であろうとします。

タイプ2の短所

そんなタイプ2ですが、独占欲や所有欲が9つのタイプの中でいちばん強い。「人から感謝されたい」というニーズを満たすために、相手をコントロールするような言葉を平気で投げます。一見、大人しいようで自己主張が強かったりします。

人から感謝されるために、身体を壊す勢いで働くタイプ2もいれば、他人に馬馬車のように働くことを求めるようなタイプ2もいます。「ありがとうが最大の報酬ですよ。だから、文句を言わず働きなさい。自己犠牲の精神です」・・・どっかの社長ですね。(笑)

タイプ2のエネルギーは、いつも「人」と「自己のイメージ」に向かっています。この後に紹介するタイプ3との違いは、タイプ3は自己評価と他人の評価の両方を気にしますが、タイプ2は人の評価に重点を置きます。

たとえ自己評価が低くても、他人から感謝や評価の言葉を頂ければ、自分の存在価値を感じることができます。

タイプ2の有名人・マンガのキャラ

ドラえもん、バイキンマン

タイプ2が嫌うこと・好むこと

タイプ2が嫌うこと

  • 困っているから相談に乗っているのに、「あなただったらどうしますか?」と聞かれること
  • 何かをしてあげたのに感謝の言葉すらもらえないこと。当然のように接されること
  • 合理的に物事を考える人、根がネガティブな人、自分のことを見てくれない人

タイプ2が好むこと

  • 感情を共有できている状態、自分に関心を向けてくれている、思いやりに気づくこと
  • 昔してあげたことを覚えていてくれて、そのことを言葉で伝えてくれる人
  • 相談されること、信頼されること、頼られること、ダメ男(ダメ女)になるのもあり

人が困っていることに対しては、凄く敏感ですが、自身の欲求や内面には目を向けないように生きています。9つのタイプの中でもプライドが高く、人に世話をする一方で、自分が相手から助けられることは好みません。

タイプ2の囚われ

リソによると、タイプ2は自分が愛されるべき存在ではない、自分の欲求を持つのは良くない、という囚われをもっています。だからこし、相手に何かをしてあげることで相手から必要とされることを欲しています。

タイプ2が共感する曲

if you want to I can save you I can take you way from here. So lonely inside busy out there all you want is somebody who cares

必要なら助けるよ。ここから連れ出してあげるよ。内面はぽっかりだから、いつも忙しそうにしている。本当に必要なのは、あなたのことを想っていあげられる人よ

ミッシェルブランチの名曲。All you wanted

ミッシェルは、目の前の相手に向かって、「必要なら助けてあげるよ」と投げますが、相手から必要とされることを欲しているのはミッシェルにも見えます。

内容がドロドロしていたら申し訳ございません。ただ、そんなタイプ2だからこそ、人から感謝されるため、愛されるため、にどんなことでも必死になり、またトコトン尽くします。

一方で、相手の性格や心理を凄く見ていることも忘れないでください。感謝や愛こそ求めますが、都合よく利用しようとする人を徹底的に嫌います。裏と表の裏がモロに出ます。

タイプ2と付き合うときは、甘えるところは甘えて、助けられるところはきちんと助けるくらいの支えあう間柄になるのがいちばん健全ですかね。

余談ですが、タイプ2はモテます。これまでタイプ2からは恋バナを散々聞かされましたが、何人恋人いるんだよ!と突っ込みたくなったタイプ2がゴロゴロいました。

複数恋人がいるタイプ2もたくさんいました。「ひとりの相手に尽くして重い人」と思われるよりも、複数の相手と満遍なく尽くしたほうがうまくいくんだとさ!オイ!

ひとりだと何もできないと思い込んでいる恐怖と愛情深さと尽くす精神がタイプ2をモテキャラにしているんですかね。。。嗚呼

タイプ2の危険信号

人から好意や愛情を求めすぎるあまり、他人に与えすぎるとタイプ2は心身ともに消耗します。
時には、人から求められていないことまで過剰に奉公してしまい、結果として相手から煙たがられたときに、タイプ2は立ち直れないほど凹みます。

タイプ2が幸せになるため

他人よりも自分を労って下さい!のひとことです。他人から感謝される人生も素晴らしいですけれど、あなたが最も感謝する相手はあなた自身ですよ

関連記事と広告

関連記事と広告



-エニアグラム

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.