ディベートとディスカッションの違い-テーマが対立形式か?

投稿日:2017年2月11日 更新日:



ディベートとディスカッションを同じように考えている方がいるようですが、全然違います。

ディスカッションのつもりがディベートになった。
ディベートのつもりが、どういうわけかディスカッションのような感じになった。

以前、あるIT系の会社で教育担当をしている方から相談されました。

その方の話を聞いていると、テーマの決め方に原因があるとピンときました。

ad

はじめに

1.テーマの作り方が違う

テーマの違い

  • ディスカッション-「5W3H」で話し合う-「何をするか」「いつするか」「なぜするか」「どこでするか?」「誰に対して行うか?」「どのように行うか?」「どの程度行うか?」「予算はどうするか」など、テーマの概要を決める
  • ディベート-「YESorNO」を決める-5WH3で決めたことを実行する・しないか、をその場で決めるために、両者の論を戦わせる

私が教えているのはディベートです。即興ディベートワークショップでは、ディベートしか教えていません。ディスカッションの講師ではありません。
ですが、ディベートの試合や場を作るために、その場で参加者とディスカッションを毎回行っています。

もしかしたら、即興ディベートワークショップでは、ディベートの試合をするために、ディスカッションを行うため、ディスカッションをする機会のほうが多いかもしれません。

なので、ディベートとディスカッションの両方の違いを知っているつもりです。

1-1 ディスカッションのテーマ・進め方

こんなのは、ディスカッションのテーマに最適です。

ディスカッションのテーマ

  • テーマ1.来季の事業予算をいくらするべきか?
  • テーマ2.2020年はどんな教育が求められているのか?
  • テーマ3.グローバル社会で企業が生き残るためには?
なんだか凄く抽象的ね。
うん、はじめは広くて浅いテーマにして、この後にドンドンと論点を深めていくんだ。

1-2 ディベートのテーマ

対して、ディベートのテーマは、意見対立が前提になっています。例えば、「来期の予算は2,000万円追加するべきである」というテーマでディベートをする場合、具体的な金額を決めておいて、それを可決するか否かで議論を進めていきます。

ディベートのテーマ

  • 「英会話の授業を増やすべき」
  • 「教科書をタブレットにするべき」
  • 「飛び級留年制度を取り入れるべき」
  • 「外国人専用の語学教室を設けるべき」
  • 「幼稚園・保育園を義務教育過程に組み込むべき」
YESかNOしかないってこと?
そうだよ。ニュートラルな論点はないよ。

1-3 トップダウンとボトムアップの違い

  • ディベート-トップダウン
    結論が先に用意されていて、その結論に導くために必要な判断材料を取捨選択する
  • ディスカッション-ボトムアップ
    結論は与えておらず、個々の判断材料を用意して、積み上げて、議論を通して結論を導き出す
「結論」というのが主張になって、「判断材料」が根拠になるってこと?
そうだね。結論⇔判断材料の間がロジックかな。

2.ディスカッション/ディベートの進め方の違い

テーマが異なれば進め方も違ってきます。
ここからはディスカッションとディベートの進め方の違いについて解説していきますね。

2-1 ディスカッションの進め方

「これからの日本のICT教育はどうあるべきか?」「ICT教育を実現するために何をするべきか?」というのはディスカッションのテーマです。

この手の議論・討論を行う場合は、以下のことを決めていきながら、議論を進めていきます。
「これからの日本のICT教育はどうあるべきか?」
「ICT教育を実現するために何をするべきか?」

  1. [現状分析]現状の日本の教育はどうなのか?
  2. [問題提起]どのような問題があるか?原因は何か?
  3. [問題解決の是非]その問題は解決するべきか?
  4. [解決手段]どんな手段(政策・改革案)が必要か?
  5. [解決案の証明]その解決案で問題が解決するのか?
  6. [弊害の検討]果たして、その解決案を提示したら別の問題は生じないか?
  7. [まとめ]問題解決と弊害を比較検討して、今回の問題を解決するべきなのか?
ディベートになるのは、最後の7くらいかな。
1~6まではディスカッションの領域ってこと?

ディベートでも1~6までは考えますが、あえて手順を踏まず、最初に7から考えます。

結論が先なんです。

このほうが速いからです。

では、ディベートの進め方についてみていきましょう。

2-2 ディベートの進め方

先ほどの、「デジタル教育・ICT教育」をテーマにして考えてみましょう。

ディベートにすると、こうなります。

文部省は、タブレット教科書を推進するべきである

  • [解決手段]202X年までに小学校5年からタブレット授業を開始するための予算を確保する
  • [賛成派の主張]
    • [現状分析]AIやLoTなど今後はデジタル中心の社会になる
    • [問題提起]国家の課題でもあるのに、教育の現場に中々浸透していない。
    • [解決手段]今回の手段を実行することで、問題は解決する(以下、その手順)
  • [反対派の主張]
    • [弊害1]教科書をタブレットにすると膨大な予算が発生する
    • [弊害2]タブレットの操作が難しくて、授業が滞るかもしれない
    • [弊害3]インターネット環境の設備を含めたインフラの構築が大変そう
  • [お互いの主張をもとに議論]
    • [議論]双方がお互いの議論に反論・再反論を行う/li>
    • [議論]どちらのほうがより望ましいか?決着をつける
  • [総括]審判がどちらかに判定をする。

と、このように何について議論をするべきかを決めたら、賛否両論のテーマを決めて、賛成派と反対側のチームに分けて、お互いの主張を発表して、戦わせるだけです。

なんだか凄くシステマチックね。
そうだね。手順にすると、こんな感じかな。
  1. 賛否両論のテーマを決める
  2. 賛成派と反対派の主張を用意する
  3. お互いの主張をもとに議論をする
  4. お互いの議論を検証して判定をする

ディベートは、何について議論をするのか?そのテーマが決まっていないとできません。
逆に、テーマさえできてしまえば、あとは手順に従ってスイスイと議論ができます

ところでさー、タブレット教科書以外で議論したい場合はどうするの?
また、別のテーマを作ってディベートをする!それだけだよ。

・・・実は、ディベートのテーマにも欠点があります。

3.ディベートのテーマの欠点

 

ディベートのテーマは、論点が狭く、そして限定的だということです。

例えば、先ほどの、「タブレット教科書を推進するべきである」というテーマでは、タブレット教科書を推進する理由(推進してはいけない理由)でしか議論ができません。

ICT教育の在り方やこれからの日本教育のあるべき姿、といった議論をする余地はなく、「タブレット教科書を推進するの?しないの?」の両極端な論点に集約されます。

ディスカッションでは、たくさんの論点を出してくれた方は好まれます。

対して、ディベートでたくさん論点を出すと、ひとつひとつの論点が弱くなるため、あまり好まれません。(たくさんの論点をひとつのシナリオにまとめるテクニックもありますが)

結局、両者は使い分け!ってこと?
そうだね。けれど、経験上、ディスカッションのトレーニングのためにディベートを学びに来る人はいるけれど、逆はいないよ!

4.ディスカッションのトレーニングのためにディベートが最適か?

経験上、最適だと思います。

即興ディベートワークショップでも、ディスカッションのトレーニングを行うために、ディベートを学びにくる人はたくさんいます。

「会議を運営する力やファシリテーション能力を学びたいから即興ディベートワークショップに参加をした!」という方は一定数いました。また、会議運営やファシリテーションのコンサルタントをしている方からの申し込みもありました。

一方で、ディベート業界にいる人の中で、ディスカッションのトレーニングをするために、それ専門の講座に参加をしている人はほとんどいません。てか、いません。

そうなんだー。ところで、ディスカッションの講座なんてあるの?
探せばあるんだと思うんだけれど、内容がふぁっとしているんだよね。

 

sponsored link



sponsored link



こちらの記事もどうぞ

-ディベート

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.