論理vs感覚-うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違いとは?

投稿日:2016年11月6日 更新日:


文系脳と理系脳は何が違うのか?議論の講師が語るコミュニケーションと考えの食い違いを全て解説 の番外編です。

できれば拡散してください。

まず、この記事に訪問してくださり、ありがとうございます。

ad

みんなからささ脳と思われているようですが、完全にうう脳の木村です。

 

そして、今回は、うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違いについてもお伝えしてきたいと思います。

はじめに

1.腕と指の組み方で「捉え方」と「処理」の仕方がわかる?

右脳左脳

出典:http://feely.jp/5429/

以前、FACEBOOKで知人が紹介していて興味をもちました。

みんなが興味をもったので。

1-1 腕を組んでみる

両腕を組んでみて、右側が下であれば、右脳で情報処理をする。逆に、左手が下だったら、左脳で情報を処理します。

英会話の学習に例えてみましょう。実際に、外国人が目の前で英語を話している姿を目で見て、耳で聞いて覚える様子です。頭を使わず感覚で覚える状態とも言えますね。

一方、左脳は論理で英語を覚えようとします。英文を読んで、文法や言い回しなどを頭で理解しようとします。

別に、両者の良し悪しはありません。

ただ、情報をインプットするときの方法が違うということです。

1-2 指を組んでみる

同じように、今度は、指を組んでみて、右の親指が隠れていれば、右脳で情報を捉えるとのことです。

同じく英会話で考えてみましょう。感覚で英語を覚えるということは、実際に英会話をしてみて体感で覚えるようなイメージですね。文章や単語を事前に書いたりしません。

左脳はその逆です。話す前に単語や言い回しを紙に書いてから覚えるような感じですね。

さて、あなたは、4つのうちどれでしょうか?

2.うう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の違い

2-1 うう脳-右脳でインプット/右脳でアウトプット

楽天的でマイペース
直感とひらめき重視な感覚人間タイプ

言語情報から非言語情報までアナログやインスピレーションで処理をして、アウトプットも同じように行います。

アーティスト、デザイナー、クリエイターなどゼロベースから何かを創り出す人に多いですね。

感覚知が優れているため、情報処理のスピードが物凄く速いです。勉強も運動をしているような感覚で取り組みます(但し、好きな場合のみ)

あらゆることを感覚レベルで理解しようとする傾向があるため、物事を人にわかりやすく伝えることが苦手です。

同じ考え方や価値観を共有している人でないと上手に話ができません。

2-2 うさ脳-右脳でインプット/左脳でアウトプット

完璧主義で自分で決めたい個性派

うう脳が、感覚でアウトプットするのに対して、うさ脳は人に何かを伝えることが得意です。アイディアを言葉や形にして人に提供するのが得意です。プレゼンテーションのスキルも物凄く高い。内側にエネルギーをためつつも上手に外に出せるタイプです。

一方で、キャラがたち、目立ち過ぎることも多く、みんなから突っ込まれることもたくさんあります。特に、「沈黙は金」と考えている人からは冷ややかに見られたりもしますね。

とはいっても、うさ脳の武器は情報発信力です。ちょっと叩かれてもドンドンと意見を発信する方がストレスが少ない日々を送れるでしょう。

2-3 ささ脳-左脳でインプット/左脳でアウトプット

物事を筋立ててマジメに考えるタイプ。
几帳面で努力派

ささ脳は、完全にロジックタイプですね。コンサルやシステムエンジニアで活躍する人にささ脳は多いですね。うう脳とは対照的な位置にいます。

アナログやフアフアした情報は受け入れず、キチンと明文化された情報や形がある情報を好みます。たくさんの人と話したり、膨大な情報まとめるのが得意です。極端に慎重や完璧主義になりすぎるところもあり、周りからは堅物だと思われます。

なお、議論をすると強いか?と言われたら微妙で、ロジックで考えことに長けているため、論理破たんした発言が受け入れられず、相手のペースに振り回されやすいのが弱点だったりします。

2-4 さう脳-左脳でインプット/右脳でアウトプット

理想と現実のギャップに苦しむ自己矛盾型。
転じて細かいことは気にしないタイプ

さう脳は、デジタルな情報をアナログにするのが得意です。わかりやすく言うと、職人タイプです。

マニュアルや手順書に書かれている内容をひたすらこなして、キチンと自分の技術に変えていくタイプ。

プログラマーや事務職などの専門職には必須のスキルです。

ささ脳は、知識を知識として長けていることには長けていますが、さう脳は、知識を武器や技術に落とし込んでいきます。

例えば、この人は、さう脳です。

http://amaon.co.jp

メンタリスト・DaiGoさん。

ホリエモンを論破する勢いでマシンガントークをするから、うさ脳かと思いきやちょっと意外ですね。

心理学を知識だけで終わらせるのではなく、独自のメンタリズムまで発展させてきたのでしょうね。

 

3.この4人が集まれば文殊の知恵

さて、ここからは一緒に考えていきたいのですが、もしもうう脳、うさ脳、ささ脳、さう脳の4人が集まって、それぞれが得意なことをやれば最強だと思いませんか?

  1. うう脳→製品開発などクリエイティブなことをする
  2. うさ脳→お客さんにわかりやすく製品の魅力を伝える
  3. ささ脳→お客さんとの利害調整や管理の業務に徹する
  4. さう脳→この一連の作業が再現できるようにシステム化する

そんなことを裏付ける理論があるので紹介します。

この図は、一橋大学名誉教授野中郁次郎さんが考案したSECIモデルというものです。

●知識とは?

主に、情報やノウハウを指します。野中氏によると知識は2種類あるとのこと。

  • 形式知-マニュアルや手順書等、明文化されている知識
  • 暗黙知-個人の体験から生み出される知識。属人的な知識

言葉にして伝えられる情報のことを形式知と呼び、言葉にして伝えられない情報は暗黙知と呼びます。感覚知経験知って言葉に置き換えると解りやすいですね。

  • 自転車の乗り方
  • 逆上がりのやり方
  • デザインのセンス
  • 文章の面白さ
  • 異性の落とし方

枚挙にキリがないので、これくらいで。(笑)

 

※また今度書きます

 

sponsored link



sponsored link



即興ディベートワークショップ

イベント案内

またの名!専門職のための即興ディベート講座。
2017年より「専門職」が活躍できるステージを作りたいと思い、シンプル、スグできる、ためになる!ディベート講座を開催中。

ひとつのことに打ち込んできたあなたならディベートはできるし、武器になります。

-ナレッジマネジメント

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.