SEO対策-Googleさんにディベートを仕掛けていました(笑)

投稿日:


Googleにディベートを仕掛けるって、Googleにケンカを売っているんですか?

と思うかもしれませんが、違います。

Googleさんはジャッジです。対戦相手ではありません。私の対戦相手は他のディベート団体のページです。

自分のディベートページ(インプロ部)がた団体のディベートページよりも優れた情報を掲載していることを示して、Googleさんから選んでもらえるように記事を書いていたのです。

そうGoogle対策、検索エンジン対策、SEOです。

geralt / Pixabay

当時のライバルは「バーニングマインド」というディベート団体でしたね。

2014年の時点では、バーニングマインドが「ディベート」というキーワードで1位だったので、「まずは何とかこの団体よりも上に上がらねば・・・」と躍起になっていた時期がありましたね。

もちろん、スグに結果が出るわけではなかったので、1年間ぐらいは躍起になってPDCAを回しながら、記事の編集をしていました。

 

SEOを実践した結果

 

検索エンジンで上位に表示されるってやっぱり強いと思います。

実際にホームページ経由ひとつでリアル営業せずとも、お申し込みを頂けるようなディベート講座を運営することができましたからね。

こちらですね。

即興ディベートワークショップ

もちろん、簡単じゃありませんでしたよ。

はじめは文章が苦手だったので、ダメダメで何度も挫折しそうになりました。いや、挫折していた時期もありました。

ですが、根気よく続けていくうちにGoogleさんから評価されるようになり、「ディベート」という単体キーワードで上位に表示されるようになりました。

その結果、ホームページだけで集客ができる今のポジションに身を置くことができたんですね。

この情報化社会にポジショニングは有効なのか?

の記事の続きです? マイケルポーターのポジショニングは、第二次産業がイケイケの1900年代。2000年代以降、インターネットが普及してからポジショニングや3つの戦略はもう役に立たないのではないか?とい ...

続きを見る

 

 

AD

AD

この記事を書いた人:木村なおき



ワードプレス専門のウェブデザイナー
ヘタクソな文章&アイディア勝負でアクセスを稼ぐの即興ブロガー。
1日10000文字に挑戦中。
■2015~2016年:即興ディベート講師&ブロガー
元・タダのディベート好き&ブロガー。2015年からブロガーとして活動。日本でいちばんアクセスが集まるであろうディベート専門のブログを作る。その後、即興ディベートワークショップ開催して顔出しせず集客に成功。副業講師

■2017~2018年:エニアグラマー&メディア運営
ディベートを使って何かできないかな?と考えて、性格類型やコーチングにハマる。エニアグラム専門のメディアを立ち上げる。翌年、エニアグラム専門のコーチとして独立。(開業届を出さるをえない金額を頂く)

■2018~2019年:個人様向けのホームページ屋さん
ブログっぽいサイトに限界を感じて、本格的にホームページ制作を学ぶ。専門家・専門職、個人事業主、女性起業家向けのホームページ屋さんに転身。現在は、講座運営とホームページ制作をお仕事にしている。将来が不安なので、隠れて転職活動をしている

関連記事と広告

関連記事と広告

-WEBマーケティング

Copyright© インプロ部 , 2019 AllRights Reserved.