マズロー講座-生存欲求と安全欲求の分岐点

投稿日:2016年12月1日 更新日:


5つのマズロー5つの欲求と日本人

近年、幸せとは何か?という議論がされていますが、そこら辺をマズロー先生の5段階欲求説から考えてみましょう。

経営学の教科書では誰もが知るマズロー先生!普通に5つの欲求を説明しても面白くないのですね。現代の日本社会を反映させながら、幸せとは何だろうか?と考えながら、この先を読み進めてください。

もちろん、マズローを知らなくても大丈夫です。そこらへんは丁寧にひとつひとつ説明していきます。これを読んだころには豊かな国、日本でなぜ私たちは幸せになれないのか?という疑問が払しょくできるのかと。

はじめに

1.マズローとは?

マズローの5段階欲求

この5段階欲求を唱えた人です。ここでは、最下層にある生理的欲求と、一つ上にある安全欲求について扱っています。

 

2.生理的欲求

一瞬だけこの欲求が満たされず非常識な行動に走る人はいますが、今の社会を見ている以上、この欲求が満たされてないことは考えにくいでしょう。ご飯も食べれますし、寝ることもできます。生存権は法律で保証されていますからね。

なので、この点は問題ありませんね。

3.安全欲求

ここがいちばん大事ですね。「安全」には2つの意味があります。

  • 物理的な安全:衣食住が保障されていない生活
  • 精神的な安定:不安や恐怖におびえる生活

前者の物理的安全については、先ほどの「生理的欲求」と同じです。日本にいる限りは満たされる欲求です。問題ありません。世界には、明日のご飯にもありつけない子供たちがたくさんいますからね。

ところが、後者の「精神的な安定」については、どうでしょうか?

たとえが悪くて申し訳ございません。ですが、事実ですから。

日本は、物質的に豊かな国なのにも関わらず、社会全体が病んでいるのでは?という指摘があります。

象徴的なのが、世界で比べて類を見ない自殺率の高さにあります。

毎年3万超えは異常だと思います。日本国民が1億2千万として、4000人に1人が命を絶っている計算になります。

※アカデミックディベートをしている頃に、『経済低下→失業率UP→鬱→自殺』がお決まりの論法だったのか、ここら辺についてはかなりリサーチをしていましたね。

ここでひとつ考えたことは、日本人の考える「安心」「安全」の位置づけです。

案外と、「帰属欲求」「承認欲求」が欠乏していること自体が、日本人にとって安全欲求を脅かすようなストレスなのではないか?というのが、この場であなたにお伝えしたい考えです。

AD

AD

この記事を書いた人:木村なおき



ワードプレス専門のウェブデザイナー
ヘタクソな文章&アイディア勝負でアクセスを稼ぐの即興ブロガー。
1日10000文字に挑戦中。
■2015~2016年:即興ディベート講師&ブロガー
元・タダのディベート好き&ブロガー。2015年からブロガーとして活動。日本でいちばんアクセスが集まるであろうディベート専門のブログを作る。その後、即興ディベートワークショップ開催して顔出しせず集客に成功。副業講師

■2017~2018年:エニアグラマー&メディア運営
ディベートを使って何かできないかな?と考えて、性格類型やコーチングにハマる。エニアグラム専門のメディアを立ち上げる。翌年、エニアグラム専門のコーチとして独立。(開業届を出さるをえない金額を頂く)

■2018~2019年:個人様向けのホームページ屋さん
ブログっぽいサイトに限界を感じて、本格的にホームページ制作を学ぶ。専門家・専門職、個人事業主、女性起業家向けのホームページ屋さんに転身。現在は、講座運営とホームページ制作をお仕事にしている。将来が不安なので、隠れて転職活動をしている

関連記事と広告

関連記事と広告

-心理学・影響力の武器
-

Copyright© インプロ部 , 2019 AllRights Reserved.