ファシリテーターさんへ-自分ができないテーマを作っちゃダメ!

投稿日:2018年3月30日 更新日:


こんにちは、木村です。

よくこんな質問を受けるので、お応えします。

 

Q.質問:テーマ選びについて

ディスカッションとディベートの両方をいっきにやりたいんですけれど、この場合、テーマはどう考えればよいですか?

な、、、なるほど。

ファシリテーターを目指している方からよく頂く質問ですね。

学校の授業や会社の研修でディベート、もしくはディベートのようなディスカッションをやりたい、という相談をよく受けます。

大変うれしいことですね。

まず、ディベートとディスカッションのテーマの違いについては以下2つの記事を参考にしてください。

 

ディベートの基礎知識-4つの特徴-

意見対立を前提にしたテーマを用意し、賛成側(肯定側)と反対側(否定側)のチームに分かれて、自分の意見とは関係のないところで議論を行う。ディベートは、決まったルールのによって行われ、勝敗は第三者にゆだね ...

続きを見る

ディベートとディスカッションの違い-テーマが対立形式か?

ディベートとディスカッションを同じように考えている方がいるようですが、全然違います。 ディスカッションのつもりがディベートになった。ディベートのような議論・討論するつもりが、ただのディスカッションにな ...

続きを見る

ディスカッションの場合、「よい教育とは何か?」「ギャンブルを合法化するとどんなことが起きるか?」「平等な働き方を実現するには何が必要か?」といった物凄く抽象的なところから入ります。

真理
うんうん、そのほうが議論しやすいんじゃないの?
でも、なかなか結論が出ないんだよね。コレが。
いや、それどころか議論にすらならない。色々な意見や考えがあるよね!で幕を閉じる感じ

こんな感じです。

よく学生なんかにグループディスカッションの指導をしていると、「色々な意見が出てきたね」が結論になることがあります。

この答えは最悪だよ!と教えています。

なぜなら、色々な意見が出たのは、実は何も決まっていないのと同じだからです。

振出しに戻ったね!と言っているようなものです。

ただ、色々な答えが出てしまう原因は、学生さんたちが能力不足か?と言ったらそうではありません。

テーマそのものに問題があります。

これこそが、このディスカッション的なテーマとディベート的なテーマです。

ディスカッション的なテーマとディベート的なテーマ

  • ディスカッション的なテーマ:「よい教育とは何か?」「学校教育を改善するには何が必要か?」「日本の教育は今後どうなるか?」
  • ディベート的なテーマ:文部省は、社会経験豊富な非教員免許保持者の採用枠を拡大するべきである

 

一見、ディスカッション的なテーマはたくさんのことが話せるかもしれませんが、たくさんのことを論じれるため、意見が拡散して、結局まとまらずに、「いろんな意見が出たよね」というお粗末な答えが出ます。

 

その問題を解消するのがディベート的なテーマです。

 

 

 

 

真理
ねー、論くん、これ難しくない?
カンタンではないよ。でも、漠然としたテーマのほうが何倍も難しいんだ。

漠然としたテーマとは、先ほどお伝えしたようなディスカッション的なテーマです。

 

ディスカッション的なテーマ

  • 「よい教育とは何か?」
  • 「学校教育を改善するには何が必要か?」
  • 「日本の教育は今後どうなるか?」

 

どんなことについて議論をするべきなのかを、学生たちに考えさせないといけません。もちろん、それが学生が自ら考える力を養うためにあえて抽象的なテーマにしているんだ!と主張する先生たちもおりますが、そこで質問。

あなたは、このテーマでディスカッションができますか?

話があっちこっちにそれましたが、いちばん言いたいことは、そのテーマでディスカッションないしはディベートをするとして、あなたができないテーマは絶対に選ぶべきではない、ということです。

即興ディベートワークショップでは、参加者様が自らテーマを作ることがありますが、最後にGOサインを出すのは私です。

その時の基準は、自分が肯定側になっても、否定側になっても、議論ができると判断したテーマに限りです。

ファシリテーションのポイントはいつもひとつです。

自分ができないテーマを人に振らない!

それだけです。

ad




ad




関連記事と広告

関連記事と広告



-ワークショップ

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.