【東京×休日】即興ディベートワークショップ


2016年5月から月に1回の頻度で社会人向けのディベート講座を開催しております。お陰様で、もうすぐ3年目。応援いただきありがとうございます。

清水の舞台から飛び降りるつもりで即興ディベートにチャレンジしてみませんか?

初心者・未経験者歓迎です。ディベートの「デ」の字を知らなくても構いません。

4時間の講座でディベートがどんなものかがわかります。

このようなお悩みをお抱えの方に向けてディベートワークショップを開催しております。

  1. 「聴く」「考える」「まとめる」「伝える」の技術が身につく
  2. 突っ込まれても、咄嗟(とっさ)に切り返せるようになる
  3. 人と話すのが苦手が意識がなくなる
  4. 価値観や考え方が違う人から同意を得られる
  5. スキルや強みをアピールできるようになる
  6. 資格や趣味程度を120%活かせる
  7. 自分の言葉で表現ができる
  8. アイディアを形にできる
  9. 決断力が身につく

嘘つけ!と思いました?ちょっと盛りすぎましたね。失礼。

ですが、単に「知る」だけでなく、実際に行ってみる!という体験をすることで、Before/Afterの成長は期待できます。ディベートには学校の授業では体験ができなかった答えのない問題に対して挑戦する体験価値にあふれております。

以下、即興ディベートワークショップの活動風景です。

即興ディベート活動風景

平日は会社に勤めている方、学生さん、自営業者さん、就職活動中の人など異なる背景をお持ちの方が集まり、ひとつのテーマについて意見交換を繰り返しながら、みんなで講座を作っております。

一方的に、知識や情報を受け取るだけの座学講座ではなく、アクティブラーニングやゲーム手法を取り入れ、参加形式でみんなで講座を盛り上げていく世界観です。

申し遅れました。

<自己紹介>

即興ディベートワークショップを運営している木村と申します。

平日はサラリーマンをしております。職種はウェブデザイナー。
休日に2-3回ほど参加型のワークショップを運営しております。
即興ディベートワークショップも、そのひとつです。

ディベートは、20歳のときに出会い、14年近く続けております。
選手として公式戦に参加、試合の審判、大会の企画・運営等、ディベートに関するお仕事は何でもできます。
ディベートの指導実績は、学生・社会人を含めて500人を超えております。

要するに、ただのディベート好き!です。

ただ、某団体で大学生と一緒にディベートを続けるのは、年齢的にも、体力的にも、時間的にもしんどいので、社会人向けに、、、【シンプル】【スグできる】【ためになる】の3つをそろえたディベート講座を作りました。

それが、このページでご紹介している即興ディベートワークショップです。

もちろん、いきなり参加をしてください!とは言いません。ディベートがどのようなものかが解らないと物凄く不安だと思うので、ディベート&当講座の活動内容をキチンとお伝えします。

そのうえで参加する・しないをご判断ください。

 

ディベートってなんだ?

これです。↓

議論・討論をゲームにしたもの

意見対立を前提としたお題を元に、選手を肯定側と否定側のチームに分けて、スピーチの説得力をゲーム形式で競う。
事前にスピーチの時間・順番・役割は決められている。
ディベートには、明確な勝敗があり、その基準は、第三者(ジャッジ・観客)の票の数によって決まる。説得力を競うゲーム

 

やみくもに議論・討論をするわけではなく、事前にルール設定して、勝敗ありのゲーム形式で行います。

世間でいう、ディベートのイメージは、「相手を言い負かすもの!」「相手を論破する!」「口ケンカをするもの」だと思います。

原因は、テレビで行われているディベート。口ケンカや意見対立をしている演出にしたほうがテレビとしては盛り上がるからと考えられます。ですが、実際にそのようなディベートは行いません。私もしたくありませんから。

ルールや勝敗の条件をきちんと設定して、純粋に説得力を競うスタイルのディベートを採用しております。

事前に、「賛成側チームと反対側チームを分ける」「発表の時間・順番は固定」「発表中は黙って聞く(書く)」が徹底さており、試合の勝敗も完全に選手以外の第三者が決めます。

裁判に近いです。

弁護士達は、相手側を説得するのではなく、裁判官や陪審員に自分たちの主張は正しいを伝えます。

当事者ではなく、裁判官や陪審員がジャッジを行います。

ゲームである以上、フェアでなくてはならない!

それでも「相手に向かって反対意見を述べるのはちょっと、、、」と思うかもしれませんが、ご安心ください。

即興ディベートワークショップでは、相手に向かってではなく、試合を判定する人-ジャッジ-に向かってスピーチを行います。

 

ディベートって役に立つの?

結論からいうと、何も学べないディベート講座やディベートの大会に参加をするために練習をするだけのディベート講座もあります。なので、ここでは即興ディベートワークショップでは、どんなスキルが身につくのか?活動内容を含めてお伝えしていきます。

その1.傾聴力・思考力・描く力・表現力

  1. 傾聴力-偏見や偏りを排除して、異なる立場や価値観の意見を受け入れる態度・技術
  2. 思考力-物事を多面的な視点から深く掘り下げることにより、盲点を見抜く技術
  3. 描く力-複数の情報を一瞬で一貫したシナリオに落とし込む編集力、まとめる力
  4. 表現力-聞き手から「なるほど!」を得るための言葉選び及びスピーチのスキル

ディベートの試合では、肯定側と否定側が言葉のキャッチボールをするように、相手の議論を聴いて、盲点を分析して、論点を整理して、発表することの繰り返しです。

カウンセラーのように相手の話を聴き、大学教授のように多面的に物事を考察して、編集者のように情報をまとめ、プレゼンテーターのように話します。意識せずとも、この4つのスキルは、ディベートの試合を通じて自然と身につけることができます。

私は、あなたがどのように学ぶのが得意なのかは知りませんが、即興ディベートワークショップは、見て覚えるタイプ、耳で聞いて覚えるタイプ、実際にやってみて覚えるタイプの方、全員に対応しております。

その2.異なる視点から物事を考える力

ディベートの試合では、肯定側になるか、否定側になるかは、試合直前までわかりません。その場でじゃんけんやコイントスをして、ランダムに振り分けられます。

すると、こうなります。

【例】「副業を認めるか否か」のテーマでディベートをした場合

自分の意見や好みとは関係のないところで議論をするため、あるお題について賛成と反対の両方の視点から物事を考えようになります。主観を排除して、

たとえば、会社が副業を認めることに賛成であっても、否定手の立場に付いたら、最後まで反対意見を論じなければなりません。結果、思い込みや思考の偏りをなくして、客観的な立場で物事を考えられるようになります。

Kさんは、2017年11月の即興ディベートワークショップに参加をしてくださいました。

印象的なのは、自分の考えを論理的に伝えられるようになるだけではなく、ある問題を偏りのない視点で見ることができるようになるのだと気づきました、ですね。

その3.積極性や主体性

その3は、ディベートそのものよりも、即興ディベートワークショップの進め方による効果です。

学校の授業のように先生がホワイトボードに書いたことを生徒がノートに写すのではなく、実際に参加をする形でディベートそのものを作っていく形で取り組んでいきます。

 

完全体験型ワークショップ(2017/10/21(土))


  1. タイマーを片手に持ちながら1分間で20秒自己紹介&40秒で「あなたのおススメを伝える」を発表。お互い質疑応答をする
  2. 自撮りの動画でディベートの試合を見せる。参加者様から質問と反論を直接頂く。最後のスピーチはアドリブ。試合の判定は皆さんにお任せ。
  3. 参加者様からの発案で、「お互いの合意が取れていれば複数の方との結婚OK法案」でディベートの試合をすることに。ちょっとビックリした。

【雑感】参加者の方が全員ディベート未経験者だったため、「具体的にイメージができて、カンタンなテーマでディベートをしたい」という要望を頂き、ある女性の参加者が、このテーマを提案したところ盤上一致!しかし、結婚をテーマにディベートとは・・・。

 

もちろん、ディベートの基礎の「き」から教えます。ディベートのルールはもちろん、主張や反論の方法からスピーチの方法まで教えております。ただ、学校との違いは、

そうならないためも学んだことを実践する機会を増やして、技術として持って帰ってもらいたいと思い、リアルタイムで学んだことが実践できるワークショップ形式にしました。

ディベートの試合こそしますが、ディベートの試合をする以上に、みんなでグループワークをしながら、新しい企画を創るトレーニングを積めます。

富樫さん、泉さんお礼の言葉ありがとうございます。

ディベートテーマは、政治や経済、ビジネス、教育以外にも、ギャンブル合法化、副業OK、・・・となんでもOKです。

アイディアがあったら遠慮なく申し付け下さい。

 

本当に
初心者・未経験者向けの講座
なんですか?

 

はい、初心者・未経験者向けの講座です。ディベートの「デ」の字を知らなくても、構いません。ディベートをはじめて12年。指導経験だけでいうと、ディベート未経験者600人に到達しそうです。(笑)

 

ディベートは難しくないですか?

はい、ディベートそのものは難しいと思います。その理由は、巷(日本)で行われているディベートは、90年代にハーバード大学やスタンフォード大学の学生が行っているディベートをそのまま日本語にして輸入したからです。初心者に対する配慮がゼロなんです…(おまけに学生向き)

初心者への配慮がゼロどころか、ディベートの指導者がディベートできない、なんて逆転現象すら起きています。

 

だから、既存のディベートを改造した

ホームページを編集する感覚で、既存のディベートをカスタマイズしまくりました。社会人の方にとって、重要な部分だけ部分だけを残し、余分はそぎ落とされています。ディベートにもダイエットが必要ですからね。(笑)

即興ディベートワークショップでは、ディベートの公式戦で勝ちぬくためのマニアックなノウハウをそぎ落とし、以下2つの論理(ロジック)に絞ってディベートを教えております。

あなたが学ぶのは、
2つの論理10の言葉

  1. マクロな論理-メリット&デメリット方式
    前提形式のお題を用意して、それを実行することによるメリット・デメリットを用意して、両者を比較する。ひとつ上の視点から、どちらの方がより望ましいかを判断するツール
    メリットとデメリットは3つの要素で成立する。決断力&相手に決断させる話し方が身に付く
  2. ミクロな論理-根拠、主張、論拠の法則
    主張(意見)を述べたら、それを裏付ける根拠を用意する。更に、論拠についても考える。論拠とは、根拠が主張を支えている理由付け。価値感、前提、考え方、思考等に換言できる
    ABC理論の応用:Activating Case→出来事:Belief→考え方・解釈:Conclusion→結論

論理やロジックと聴くと、なんだか難しいイメージをもつかもしれませんが、話のポイントを分解したり、まとめたり、順番に並べるだけです。

専門用語や聞きなれない言葉をいくつか知ることになると思いますが、スッと理解できるように資料やアイテムを充実させております。

 

 

みなさん、どんな目的で参加をしますか?

WEB・IT系
ディベートITWEB系の参加
✔スタッフやオペレーターではなく、リーダーやマネージャーを目指している(システム開発職)
✔パソコンと向き合うよりも人に伝えるスキルが求められるようになった(WEBディレクター)
✔デジタル・システム・機械と格闘していると自由に考える場が欲しくなる(システム設計者)
エンジニアやWEBデザイナーでステップアップを目指している方からの申し込みが多かったですね。上流工程に進むにつれ、上司やお客さんと議論や交渉する機会が多いためでしょう。

教師、教育系(企画、事務)

✔人前に立って教えるのはもちろん、ひとりひとりに合わせた教え方が求められる(教師)
✔大学の授業でディベートをすることになったが、どうやって進めてよいか解らない(准教授)
✔現場から人事部に異動して、従業員の教育研修を企画することになった(メーカー系人事部
学校の先生からNPOの職員さん。メーカーで研修を担当している方など教育関連の方からの申し込みも多数ございました。ほとんど女性ですね。「ディベートのようなカルキュラムを作りたい」という志望理由が多かったです。

コンサルタント・士業


✔クライアントと議論や会議をすることが多い。プレゼンテーションで相手を納得させたい(経営コンサルタント)
✔この度、司法試験に合格して司法修習生になった。しっかりと議論の方法を学びたい(司法修習生)
✔組織活性化を専門にしたコンサルティングをしている。自分たちの商品の価値を解りやすく伝えたい(組織コンサルタント)

転職希望者

✔アルバイトから正社員になった。上司や先輩と対等に話せるようになりたい。(20代 プログラマー職)
✔事務職5年目。事業管理の仕事が多い。経営管理やビジネスの知識・教養を身につけたい(30代 事務職)
✔来年の4月から社会人になる。社会人の集まりに参加をして、会社以外の人ともつながりたい(20代 学生)

 

2016~2017年を通してシステムエンジニアやウェブディレクター、コンサルタントなど形のない商品をお客様に提供している方からのお申込みが多かったですね。また、コーチングやカウンセリングに興味をお持ちの方やセラピスト様からの要望もあり、2018年からはコーチングやカウンセリングの技術を取り入れた形でディベートを企画していきます。

 

今回の参加費は5,000円です。

 

価格は様子を見てあげる方向で考えているため、早めの申し込みをすることをお勧めいたします。

 

即興ディベートワークショップQ&A

質問1.他のディベート団体との違いや強みは何ですか?

他にもディベート団体はたくさんあると思いますが、インプロ部さんは何が強みですか?」という質問を頂きました。

即興ディベートであること、社会人向けのディベートであること、です。

が、比較対象がないと解りずらいと思うので、都内のディベート団体の情報を調べて特徴をまとめてみました。

インプロ部 団体A 団体B 団体C
1.内容 即興のみ アカデミック アカデミック アカデミック&即興
2.価格 無料~5,000円
※テキスト代:無料
40,000円+テキスト代 129,600円 12,000円~20,000円
3.時間 4時間
13:00~17:00
6時間講座×3日
10:00~16:00
3時間コース×15回
9:00~12:00
4時間

即興形式オンリーに絞り、リサーチに費やすお金、時間、労力をカットしているため、リーズナブルな価格でディベート講座を提供できます。

<当講座の強み>

  1. 内容-完全に即興形式-リサーチ&資料作成不要。手ぶらで参加OK
  2. 価格-無料講座~5,000円。テーマに関連する書籍を購入する必要なし
  3. 時間-4時間の短期集中型!事前リサーチに費やす時間も不要

 

価格が安い理由については、私がディベートのお仕事をワンオペでできるため、余計な費用が全くかかっていないからです

  • 選手として試合、ジャッジ、集客、運営、アフターフォローのお仕事を全てひとりで担当(全部できる人はいない)
  • 外部の講師を呼んだり、学生に試合をさせていない(ディベートできないディベート講師のお得意ワザ)
  • ホームページだけで集客できるため、ネット広告や有料のサービスは利用していない

他、ディベートの試合をするために、大量に書籍を買い込んだり、膨大な資料のコピーを取ったり、チームを組んで事前準備も要求しません。

社会人になると、仕事、プライベート、家事・育児などで時間がなく、ディベートをゆっくりと勉強している余裕がないことは重々承知しております。私もそうですから。

なので、お時間があるときに気軽な気持ちでご参加ください。

質問2.継続的に勉強できますか?

即興ディベートワークショップ参加者限定のディベート勉強会も行っております。

【写真の画像】KFCはアルコール販売をするべきか、でディベート

<練習会の参加費について>

  • 練習会そのものは初回よりもお安くする予定です。無料~3000円程度です
  • 今後値上げすることも検討しておりますが、初回の価格をそのまま適応させてます

はじめはお試し価格だけれど、次からはこの価格ね。ドーン!みたいなことをする予定はありませんから。

質問3. アカデミックと即興の違いは何ですか?

ディベートには、大きく分けて2つのスタイルがあります。(細かく分ければ、数十種類ありますが・・・)「論証・リサーチ重視型のアカデミックディベート」と「発表・スピーチ重視型の即興ディベート」です。

アカデミックディベートと即興ディベートの違い

  • 「リサーチ」重視型(米国型)-アカデミックディベート
    学術論争をモデルにしたディベート。事前にテーマが告知されて、選手は2~3カ月の期間、証拠資料(エビデンス)集めや立論・反論カードを作成して、試合の準備を行う。たくさんリサーチをした人がゲームの勝者になる
  • 「スピーチ」重視型(英国型)-即興(パーラ)ディベート
    その場でテーマを決めて、選手を肯定側・否定側に分けて、チームごとで数分間で作戦会議を行い、いきなり試合をする。スピーチの上手さ、アドリブ力、話の組み立て方が勝負の決め手になる。即興力が勝負

 

リサーチ力を鍛えるのがアカデミックディベート!スピーチ力を鍛えるのが即興ディベートだと思って頂ければ解りやすいかと思います。私は、学生時代はアカデミックからはじめて、社会人になってから即興ディベートに華麗なる転身をしました。

その理由が、アカデミックディベートを続けていたら、仕事をする時間がなくなったからです。(笑)資料集めは編集作業などディベートの試合までの準備が大変です。資料集めのお仕事を学生にふることもできましたが、それだとアカデミックディベートをする意味が全くありません。

そんな理由から、社会人の方の方にとってはキツイと判断して、即興ディベートワークショップ1本に絞ることにしました。

質問4.ディベートのテーマはどうやって決めるんですか?

政策系、教育系、ビジネス系、社会問題から、副業OK法案やアニメ系など、皆さんが興味があることをディベートのテーマに落とし込みます。お堅いテーマからお笑い要素の高いテーマと色々ありますね。

<2017年に考案したテーマ>

  • 日本政府は、(企業の)副業禁止規定を禁止するべきである ※否定側の勝ち
  • ネルフは、ガンダムを開発するべきである ※練習会のため決着つけず
  • 日本政府は、個人の転職を前提とした社会制度を作るべきである ※肯定側の勝ち
  • ココイチはデザートメニューを増やすべきである ※肯定側の勝ち
  • 日本政府は、子供園を増やすべきである ※否定側の勝ち
  • 日本政府は、複数結婚を認める法案を作るべきである ※否定側の勝ち
  • 日本テレビ協会は、子供向けの番組の規制を強化するべきである ※否定側の勝ち

<2018年に考案したテーマ>

  • 日本政府は、正規雇用者の副業を推進するべきである ※否定側の勝ち
  • 厚生労働省は、労働者のスポーツ支援を促進するための助成金制度を採用するべきである ※否定側の勝ち
  • 日本政府は、企業向けの助成金の予算を職業訓練校に割り当てるべきある ※肯定側の勝ち

 

2018年から「働き方改革」のブームの影響なのか、労働問題と法案・制度の採用の是非をテーマにすることが多くなりましたね。

日本の労働問題や政策に興味がある方にはお勧めです。

質問5 見学のみの参加OKですか?

ディベートには興味ありますが、いきなり試合をするのは抵抗があります。見学だけするのは可能でしょうか?

OKです。

2017年は参加が全員参加のスタイルでしたが、「いきなりディベートをするのは抵抗感がある」「最初は見学として参加をしたい」という声を頂き見学枠を作ることにしました。

最後の試合だけは見学という形での参加になります。

料金はほかの参加者と同額です。この点はご了承ください。

質問6 教材を自由に使ってもOKですか?

学校の授業/会社の研修でディベートをしてみたいのですが、どのように進めたらよいのかが解らず、そちらでディベートを学びたいと思い、参加をすることにしました。

OKです。別途、ワード、エクセル、パワーポイント版の資料もプレゼントします。ご自由にカスタマイズしても構いません。

  1. 会社の従業員研修でディベートを行いたい方
  2. 中学、高校、大学の授業でディベートを教えたい方
  3. コーチングやセミナービジネスにディベートを取り入れたい方
  4. 面接・受験対策でディベートの科目があるため、対策をしたい方

実は、このような方からのお申し込みが圧倒的に多いです。必ず1~2人おります。学校の授業や会社の研修にディベートを取り入れることは、生徒さんや従業員さんの主体性を引き出すうえでは非常に適したトレーニングです。

また、参加者様から実際に企業の研修や大学の授業でディベートを行ったという報告も聴いております。

即興ディベートワークショップは、最近はやりのアクティブラーニングやワークショップの進め方を知るうえで絶好の機会になります。

即興ディベートワークショップのディベートは、90~120分ですが、運営の方法次第では、中高の授業ように50分の授業時間内に収めることは十分可能です。

質問7.男女比や年齢は?

バラバラです。

  • <2016年>
    20代後半から30代前半の方のお申し込みが多かったです。
  • <2017年>
    40代の管理職や自営業者の方が参加をするようになりました。
  • <2018年~>
    大学生、大学院生、新卒社会人の方も参加をしております。
  • <男女比>
    5:5、6:4、7:3

(答えになっていなかったら申し訳ございません。)

お申込みと価格

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ここまで読んで下さった時点で、
即興ディベートのトレーニングは30%ぐらいは終了しました。

残りは、当日の講座で行いましょう♪

参加費は5,000円です。

 

2018/04/22