ワードプレスとは?CMSとの違い

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

そもそも、ワードプレスって何?って質問にお答えする記事です。

ワードプレスは、コンテンツマネージメントシステム(CMS)のひとつです。

通常、ホームページを作るとしたら、ひとつひとつにHTMLを打ち込んでタグ付けをしていくことになります。

ウェブデザイナーとして働いていると、本当に心が折れるんですよね。(苦笑)

コンテンツマネジメントシステム(CMS)のサービスを使うと、システム側で勝手にHTMLやCSSを打ち込んでくれるため、HTML・CSSの知識がなくても立派なホームページが作れてしまうわけです。

これはCMSの大きな利点でしょう。

スポンサーリンク

はじめに

ワードプレス以外にもホームページソフトはたくさんある

ワードプレス以外のCMS

  • MovableType:少し前に流行ったCMS…色々とあってワードプレスに負けた
  • Jindoo:WordPressよりも簡単にホームページが作れる
  • ペライチ:ランディングページを作ることに特化したCMS
  • NOREN:法人様に人気のCMS(Webデザイナー・HTMLコーダーの方は必須)

他にも、ブログもCMSに違いですね。アメブロ、はてなブログ、FC2などですね。

私も、ワードプレスを始める前は、アメブロとFC2を使っていたのですが、今はWordPress一本でサイトの制作と運営を行っています

ブログとCMSの違い

ブログ専用のCMSはたくさんあります。(例:アメブロ、FC2、はてな)

実は全部試しました。

最後に、WordPressを選んだ理由は、Webサイトを運営していく上での拡張性がダントツに優れていたからです。

WordPressの拡張性とは?

WordPressがつかえばば、ブログサイト、コーポレートサイト、オウンドメディア、ランディングページ、セールスレターがすべて簡単に作れます。

複数のサイトを運営していくうえで絶対に欠かせない理由でした。

ブログサービスは「書く」だけ

ブログ専用のCMS(例:アメブロ、FC2、はてな)だと、ブログを書くことが全てです。よって、どんな文章を書くかが全てです。

これはブログサービスである以上仕方ないことですが・・・。

対して、ワードプレスを使えば、個人様用のブログはもちろん、法人様用のコーポレートサイトに近いデザインを作ることもできます。

デザイン性やブログサービスにない機能を活用して、文章だけで勝負しないためにも、WordPressを選びました。

・・・逃げの理由かもしれませんけれど、間違っていませんでいた。

ランディングページもワードプレスで作れる

今になってわかることですが、ランディングページを作れるのはいちばん大きかったです。

実際に、2020年に入ってからは、ランディングページの案件相談が増えてきましたね。

ウェブ制作会社に頼めば、30~100万円をするページが、ひとりで作れます。

もしも、自分がプロの制作会社に依頼をしていたら、サイト制作費だけで500万円は超えていたでしょう。

同じようにWordPressのメリットを受けている方々はたくさんあります。

まとめ:いきなりWordPressを使わなくていいかも・・・

2019年まではWordPressを前面に押していましたが、最近はいきなりWordPressを使ってサイトを作ることをお勧めしてません。

まずは、色々なWebサイト制作サービスやCMSを試してみて、WordPressにしたほうがよいと判断したら、WordPressを使ってみることをお勧めしています。

関連記事と広告

著者情報

ディベート講師・ブロガー→ウェブデザイナー・ワークショップ講師。元・ただの「ディベート好き」。2015年に作ったWordPressサイト「インプロ部」がヒットして、ディベート講師になる。その後、WordPressでホームページをたくさん作り、ウェブデザイナーになる。ウェブ制作会社・デジタルマーケティング会社を渡り歩き、複数社で経験を積み、現在はフリーランスのウェブデザイナーとして活動中。専門家・専門職・専門事業者様向けのWordPressページを制作中。本ページのデザインが「アレ」なので、2020年に「木村専門研究所」を立ち上げる

-ワードプレス

Copyright© インプロ部 , 2020 All Rights Reserved.