即興ディベート個別セッション


※準備中

2018年4月から即興ディベートの個別レッスンを行います。マンツーマンで即興ディベートを教える講座を作りました。

個人的には即興ディベートワークショップやディベート道場に参加をすることをお勧めしておりますが、個人的な理由でマンツーマンでディベート講座を希望する方は是非ともお申し込みください。

具体的には、以下の方を対象としております。

  1. 意思決定のトレーニングを行いたい
  2. 興味あるテーマでディベートをしてみたい
  3. 従業員研修や学校の授業で即興ディベートを行いたい

 

講座1.
意思決定のトレーニングを行いたい

通常、ディベートは誰かと一緒に行うものですが、ノウハウと技術さえあれば、なればひとりでもできます。

  1. 意見異見と反対意見の両方を作る
  2. 賛成意見と反対意見に対して反論をする
  3. その反論に対して反駁をする
  4. 最後に双方の議論をまとめて自ら結論を下す

この一連の流れをひとりディベート・セルフディベートと呼んでいます。

こんな方にお勧め

どうしようか?と悩んでいることがある

【例】

「私は転職をするべきか?」
「私は、起業するべきか?」
「私は、副業を始めるべきか?」
「私は、資格の勉強を始めるべきか?」

などあなたの中で何らかの具体的なテーマを決めて頂き、それをもとにひとりでディベートを行います。

賛成意見と反対意見を組み立てます。新しい一歩を踏み出そうか迷っている方にとってお勧めの講座になります。

「え?ディベートってひとりでするものなの?」と思うかもしれませんが、はい、できます。

理由1.私自身がいつもひとりディベートをしている

今まで内緒にしていましたが、私も何か新しいことを仕様かどうか考えているときは、必ずひとりでディベートをしています。電車の中で座れて、移動時間が30分でもあれば、A4のノートを出して、ひとりディベートをしています。サッサと30分ぐらい終わらせます。

人勢は毎日決断の連続ですから。

理由2.実はひとりディベートの教科書がある

これですね。

滝本哲史氏の武器としての決断思考。ディベートを意思決定の教科書として書いた本です。人生は決断の連続で、決断をするためには、その行動をするメリットとデメリットを出して、第三者の立場で考えればよい、というものです。

この本を読んでディベートに興味を持った方は多いのではないでしょうか?

ただ、実際にひとりでこの本のワークをこなせるかどうかは別のお話。そんなわけで、今回はこの本に書かれている内容をもとに、ひとりディベートをしてみましょう。

講座2.
興味あるテーマでディベートをしてみたい

何らかの専門知識を持っていて、そのテーマでディベートをしたい方向けの講座です。知識を体系的にしたい方向けの講座です。即興ディベートでOKなら、だいたいどんなテーマでもディベートはできます。

政策、ビジネス系、教育系、メジャーなマンガ・アニメととなんでもOKです。

講座3.
従業員研修や学校の授業で即興ディベートを行いたい

即興ディベートワークショップを開くと、必ず1人か2人ほど学校の授業や会社の従業員研修にディベートを取り入れたい、という方からのお申し込みがあるのでマンツーマンの講座にしました。