【12月17日開催】東京エニアグラムワークショップ-自己理解&セルフコーチング向上の巻-

「エニアグラム」を通じて、自己理解やセルフコーチングのスキルを高めてみませんか?

エニアグラムカードやエニアグラムセルフコーチング診断シートを使って、楽しくゲーム感覚でエニアグラムを学べるワークショップを作りました。

<エニアグラムとは?>

◆エニアグラムは,「9 つの性格診断」として,リーダーシップ育成の知恵として発達しました。20 世紀中頃
において、米国スタンフォード大学でその内容が検証され、MBA コースなどで活用されました。その後,ソニ-,トヨタ,Apple,IBM,モトローラ,コカコーラなどが社員育成,人材活用などに活用されてきました。

日本コーチング心理学協会

これまで私が学んできたエニアグラムの著書について紹介いたします。

エニアグラムは、性格論や性格心理学のジャンルのひとつです。ひとりひとりが違う性格を持っているところから始まり、その性格を9つに分類しました。日本では「9つの性格」として紹介されていますね。

以下、私がこれまでに読んできた本です。

主に、鈴木秀子さんからスタートして、ビリギャルの作者・坪田さん、そして海外版ではドン・リチャード・リソとラス・ハドソン式のエニアグラムを取り入れてました。今年の入ってからコーチング心理学協会様のエニアグラム講義を受講して、実践的なトレーニングを積みました。

さて、そんなことはどうでもいいとして、

いきなり人の性格が9つに分類できるのか?

と思う方もいるかもしれないので、まずは以下の事例を創っていました。

問題 性格論を学ぶメリットを事例で解説

あなたは元有名アイドル歌手グループSM●Pのメンバー5からメンバー間の人間関係についての悩み相談をされました。ひとり1時間ほどとって個別に悩みを聴いていました。そして、根っこにある原因は5人とも同じなんだなと気づきました。

あなたは5人に対して同じ言葉でアドバイスをするでしょうか?

おそらく、多くの人は、NOと答えます。

「5人が5人とも違う価値観や性格なんだから、個別の対応が必要でしょ!」
「人はみんな違うの。だから、それぞれに合った接し方が必要なの」
と答えるはずです。

ところが、
このような主張をする人に限って、
目の前の相手がどういう人なのか?
どんな性格の持ち主なのか?
何に悩んでいるのか?

が解っているようでわかっていないことが本当に多いです。

エニアグラムを含めて、何らかの性格論を学んだ経験がある人は、ここが違います。

性格こそみんな違うけれど、

必ずその人独自の一定の考え方や行動、パーソナリティーがある

そして、このパーソナリティーは、多かれ少なかれ類似性や傾向など、
一定のパターンがあると考えることができます。

結果、過去の経験などから知識を引っ張り出して、目の前の人に適切なアドバイスをすることができます。

エニアグラムは、このパーソナリティーを9つに分けた性格論だといえるでしょう。

そして、今回のワークショップの目的は、このエニアグラムを通して、

自己理解セルフコーチングができるようになろう!というところにあります。

なぜ自己理解とセルフコーチングか?

書店に足を運んだり、AMAZONのページへ訪問すると、悩みの数だけ本が存在することに気づかされます。

 

それは、仕事、将来設計、お金、職場(職場以外)の人間関係、恋愛、家族関係、健康etc

 

問題や悩みの数だけ、その方法を解消してくれる本があると非常に助かるのですが、
必ずしもその本の内容があなたの悩みを解決してくれるとは限らないこと。

 

そして、そのことに案外と気づかず、なんとなく問題を解決してくれそうだったり、
悩みを解消してくれそうだったりして、その本を手に取ってしまいます。

 

もちろん、本だけではありません。人からアドバイスを求めるときも、
これから何をするのかを決めるときも、自分の性格とは違うところで判断してしまい、

結果、自分らしくない行動をとってしまいます。

 

さらに、そのことに案外と気づいていません。

 

では、原因は何かというと・・・自分がどんな価値観で、
どのような行動を好み、何が得意なのか?について普段から考えていないことです。

 

もちろん、これはあなたが悪いわけではありません。

 

教育システムや日本の社会の影響かもしれませんが、
子どもの頃から、自分の性格・価値観、好きなこと、得意なことについて考える機会が少なく、
自分について理解する機会というがあまりにも少ないのかもしれませんね。

 

そういった背景からコーチングというビジネスが近年注目を浴びているのですが、
ここにも2つ大きな問題があって、料金がべらぼうに高い!ことです。

 

たった2,3時間のコーチングを受けるだけで、
20~100万するケースもあります。

 

そして、その内容のほとんどが、

 

あなたはどんな性格だと思いますか?
目標は何ですか?将来はどうなりたいですか?
そのためには、今何をすればよいと思いますか?
今できることを紙に書いてみてください

といった一般論や抽象論ばかりだったりします。

 

もちろん、これが決して悪いわけではありません。
本人が満足すれば、20万でも、100万でも払えばよいと思います。
(本音でいうと、私もそうしたいです。)

 

ですが、もしもここで・・・あなたが自分自身の力で、
自己理解やセルフコーチングができたらどうなるでしょうか?

 

  • 高額なコーチング・カウンセリングにお金を支払う必要がなくなる
  • 仮に、コーチングやカウンセリングが必要になっても、
    自分についてキチンと伝えられるため、より高い効果を得ることができる
  • 何が必要なのかを理解しているから、無駄にお金を使うことがなくなる

 

という効果が期待できます。

補足 高額なコーチングやカウンセリングが悪いわけではない

高額な費用をとるコーチングやカウンセリングを批判しているように思われるかもしれませんが、違います。たとえ100万円払っても、100万円以上のサービスを受けられたと感じれば、それはOKです。

エニアグラムに興味がある方の中には、他のエニアグラムやコーチング、カウンセリングを受けている方が多くおります。また、ご自身でも、カウンセリングやコーチングを事業にしている方や目指している方もおります。

そのうえで、自己理解やセルフコーチングができる状態のほうが、よいサービスが受けられ、また人によいコーチングやカウンセリングを行うこともできます、といいたかった次第です。

 

自己紹介&エニアグラム歴

<自己紹介>

【名前】木村(副業をしているためフルネームは出せない)
【仕事】マーケティングシステム販売会社にて英語担当&ウェブデザイナー
【趣味】ホームページ制作とディベート。
【エニアグラムの出会い】大学時代にゼミで学んだ(経営組織論)
【エニアグラムの知識】エニアグラム心理学コーチング基礎講座を2回受講し認定保有をゲット。マンガのキャラや有名人の例え話をしながらエニアグラムを解説することを得意とする(即興力)

 

 

<コーチング心理学協会が教えているエニアグラム>

  1. HDBモデル-Having(資質・能力)、Doing(行動・態度、Being(価値観、あり方)からエニアグラムを考察。その他、様々なコーチング心理学の資料あり→プレゼント可
  2. 9枚+1のカードを使ってたゲーム感覚で学べる性格診断。→プレゼント可
  3. コーチング心理学協会様オリジナルの4000人のサンプルに集計した各タイプの統計や相関分析を紹介→プレゼント可

コーチング心理学協会様は、ポジティブ心理学を専門に教える協会です。その中でエニアグラムを扱っております。
学術的な心理学ではなく、コーチングやカウンセリングのシーンでも活用できるものを提唱しております。

 

私のエニアグラム基本タイプは、3の「成功を求めて達成する人」です。物事を達成して周囲から賞賛される望みます。

マルチタレントのGacktさん、勝間和代さん、小池百合子さん、スネ夫、峰不二子、ミスターサタンがタイプ3といわれていますね。

同時に、タイプ4の「独自性を求めて表現する人」やタイプ7の「楽しさを求めて計画する人」の性格も持っています。

既にある講座をマネよりも、ゼロから新しいものを創るほうが大好きです。

一方で、タイプ1やタイプ6のように、決められた手順でキチンと行うのは苦手だったりします。

エニアグラムワークショップの4つのプログラム

エニアグラムワークショップは、エニアグラムの理論を教えて終わるのではなく、

エニアグラムカードや性格診断ワークシートを使って、ゲーム感覚で学んでいきます。
参加者同士でエニアグラムを通した、自己理解やセルフコーチングのトレーニングを行っていきます。

これを実現するために、以下4つのプログラムを組みました。

1.自己紹介とアイスブレーク-15-30分程度

「自己紹介」や「最近嬉しかったこと」などを隣の人に伝えるアイスブレークから入ります。

大事なことは、初めて会った人とでも打ち解けてコミュニケーションができるようになるスキルです。

確かに、初めて会った人といきなり話をすることに抵抗を感じる人もおられるかもしれませんが、コーチング、カウンセリング、コンサルタント、講師業をしている方・目指している方も視野に入れているため、このプログラムを入れました。

即興ディベートワークショップで教えている伝えるの技術と聴く技術の両方を兼ねた方法をご紹介します。
(当ワークショップ限定)

2.エニアグラム9つの性格-基礎講座-60-75分程度

本格的なエニアグラムに入ります。

主に9つの性格についてお伝えしていきますが、9つの性格が3×3の法則を用いてわかりやすく解説をしていきます。

各9タイプ

タイプ1 完璧を求めて改革をする人
タイプ2 愛を求めて他者を助ける人
タイプ3 成功を求めて達成する人
タイプ4 独自性を求めて表現する人
タイプ5 知識を求めて探求をする人
タイプ6 安全を求めて行動をする人
タイプ7 楽しさを求めて計画する人
タイプ8 強さ・力を求めてたたかう人
タイプ9 平和を求めて調和を願う人

エニアグラムを学んで陥りがちな罠は、自分の性格(なりたい性格)ばかりに意識が向いてしまい、他の性格を読み飛ばしたり、聞かなかったりすることです。(これで頭を悩ませている講師の方もたくさんいます。)

ところが、実際のエニアグラムは、9つの性格が全てリンクして設計されており、自分の興味がない性格を知ることで、結果として自分の性格がわかるようになっています。

なので、この時間ではあえて性格を特定せずに、まずは9つの性格がお互いにどのように紐づいているのかに焦点をおき、エニア(9)+グラム(図式)の仕組みがどのように作られているのかを理解することができます。

 

3.性格、行動、資質の3つの視点を取り入れたカードゲーム-60-90分程度 ※小休止あり

ここからは本格的にエニアグラム診断に入ります。エニアグラムカードを使いながら、先ほどのHDBモデルにエニアグラムを当てはめていきます。

9つの性格×Having、Doing、Beingで、計27通り(それ以上)のタイプを導き出すことができます。

ちょうど、このワークショップが終わることに、
あなたが9つのうちどのタイプをどれだけ持っているのかが腑に落ちるようになります。

コーチング心理学協会様でも行われていていました。

ケース エニアグラム×Being、Doing、Havingでの気づき

これまでは、自分がタイプ3、タイプ7、タイプ4なのか迷っておりましたが、

  • Being(価値観):タイプ3:成功を求めて達成する人
  • Doing(行動、態度):タイプ7:楽しさを求めて計画をする人
  • Having(能力、資質):タイプ4:独自性を求めて表現する人

まとめ:いちばん求めているのは「結果」や「達成感」だけれど、誰かの真似をして最短距離を目指すのではなく、自分らしくアレンジを加えるのが得意であり、新しいことにチャレンジするほうがワクワクする

 

良いか悪いかは別として、自分がこういう性格なんだと改めて気づくよい機会を得ました。

もちろん、あなたも今回のワークショップに参加をすることで、同じような自己理解ができます。そして、その自己理解した自分に対してのセルフコーチングもできるようになります。

 

4.エニアグラム・セルフコーチング実践-30~60分 ※最後まで

残りの時間で、これまで学んだことを実践に落とし込んでいきます。

  • クライアント役とコーチ役に分けて、コーチングのトレーニング
  • 3-4人のグループに分かれて、エニアグラムと自分の性格を深堀してく

など、参加者同士が積極的にコミュニケーションをとりながら、エニアグラムと自己理解を深めていけるような講座にします。

どのように進めていくは、ワークショップの進み具合やみなさんの興味・関心に応じて、その場で柔軟に決めていきます。

詳細×お申込み

講座名 東京エニアグラム・コーチング・ワークショップ
日時 2017年12月17日(日) 13:15~17:00
場所 東京都中央区の施設
参加費 3,000円
内容 自己理解&コーチングスキル向上を目的としたエニアグラムワークショップ。エニアグラムカードやワークシートを使いながらの実践的講座。

お申し込みはこちらのフォームからお願いします。

今回の参加目的




エニアグラムのタイプ
いちばん近いと思うものを選んでもらえると幸いです

お申し込みをいただき次第、返信メールにて場所やその他の詳細をご連絡いたします。

2017/11/20