メラビアンの法則を学んでもスピーチが下手になるだけ

投稿日:2016年1月26日 更新日:


プレゼンテーションやスピーチの講座に参加をすると、必ず教わるこのメラビアンの法則だったりします。

2017年に転職活動をしていてハローワークの面接セミナーに参加をしたときのこと。そこでもメラビアンの法則を教えていました。ちょっとびっくりでした。

今回は、そんなメラビアンの法則を解説してから、なぜこのメラビアンの法則を学ぶとスピーチが下手になるのか?について解説をしていきます。

はじめに

1.メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンさんが論じた法則です。メラビアンさんが作ったからメラビアンの法則と呼ばれています。そのまんまですね。

メラビアンは、話し方を変えてみて、聞き手に対してどのように影響を与えるのかについて実験しました。

1-1 言葉7%、声38%、見た目55%の法則

メラビアンは、スピーチを「言語」「声」「見た目」の3つに分けて、以下のようなデータをまとめました。

「3Vの法則」「7-38-55ルール」とも呼ばれる法則。

7% が ‘Verbal’ (言語情報:言葉そのものの意味・話の内容等)
38% が ‘Vocal’  (聴覚情報:声のトーン・速さ・大きさ・口調等)
55% が ‘Visual’ (視覚情報:見た目・表情・視線・しぐさ・ジェスチャー等)

http://netacon.net/neta/354613316.html

つまり、メラビアンの実験によると、聞き手が関心を持つのは、話している内容そのものではなく、それ以外の部分。

つまり、声の大きさやトーンやテンポのほうが内容よりもはるかに好印象を与えて、さらに、見た目や表情の方が最もウェイトが高いというものでした。

「人は見た目が9割」という本が有名になりましたが、その元ネタがメラビアンの法則だったりします。

1-2 具体的にどんな実験をしたのか?

メラビアンは、ある語り手に対して「MAYBE(たぶん)」と言わせて、以下の2つの反応を試しました。

  • Aさん-自信がない様子でボソボソと話す
  • Bさん-自信たっぷりでハキハキ話す

そして、AさんよりもBさんのほうが印象が良かったというアンケート結果が出ました。

以下、人材開発研究所さんの記事をそのまま引用

■メラビアンの実験
メラビアンの実験の目的は、聞き手が「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」の3つの手段で、それぞれ矛盾した情報を与えられたときに、どの情報を優先して受け止めるかということであった。
そして、その実験内容は次のようなものであった。

  1. まず、「好意」「嫌悪」「中立」をイメージする言葉を3つずつ設定する。(例えば、「好意」は、“honey”といったようなもの。)
  2. 次に、これら9つの言葉を、「好意」「嫌悪」「中立」の3つのイメージで、それぞれを録音する。
  3. さらに、「好意」「嫌悪」「中立」を表した表情の顔写真を1枚ずつ用意する。
  4. その上で、録音と写真をさまざまに矛盾した組み合わせをつくって被験者に示し、それぞれについて被験者が最終的に「好意」「嫌悪」「中立」のうちのどの印象を持ったかを質問する。

■メラビアンの結論
メラビアンが実験の結果として結論付けたのは、発信者が受信者に対して与える影響は、それらが矛盾していた場合には、視覚情報>聴覚情報>言語情報の順に優先されるということである。

人材開発研究所さん

たったこれだけの実験で、人は言語情報よりも聴覚情報や視覚情報を優先する、と結論付けたわけです。

実験が拡大解釈を生み、人は見かけが9割だ!という信仰が生まれました。

2.独り歩きしたメラビアンの法則

この内容が次第に一人歩きをし、この法則から「見た目が一番重要」あるいは「話の内容よりも喋り方のテクニックが重要」という結論が導き出されると言う解釈が有名になっている。就職活動の面接対策セミナー、営業セミナー、自己啓発書、話し方教室などでこの解釈がよく用いられる。

wikipedeia:メラビアンの法則

なぜメラビアンの法則が独り歩きしたのか?犯人は、胡散臭いコンサルタントやセミナー講師、研修の講師たちです。

特に、コミュニケーションの講座に行く人たちは、人前で上手に話すことが苦手で、自信がなく、自力で解決する術を持ていません。

そんなときに、「大事なのは、話す内容じゃないんだよ。」「声のトーンや雰囲気のほうが大事なんだよ。」と教わると、感動するわけです。

と教わると、話し方や会話のノウハウなど難しいことを覚えなくてもいいのかーという錯覚に陥り、雰囲気や見か目を大切にすればこれまでの悩みは解決するんだと思ってしまうわけです。

そのスキに、美容品や健康食品を紹介すればあっさりと売れたりします。中には、ボイストレーニングやヨガの講座を紹介して、沢山儲けている人もいそうですよね。

まぁ、典型的なセミナー商法ですかね。(笑)

さて、ここで問題提起

  • いきなり38%の声と55%のしぐさは伸ばせるものなのだろうか?
  • あなたは、セミナーの内容が低くて講師の声としぐさが良ければ満足するのか?

いかがでしょうか?

3.断言!7%の内容が大事!

もしもあなたが、声のトーンと表情やしぐさを改善できるのなら、そうするべきだと思います。

たった「7%」を軽視したツケ

メラビアンの法則を応用して、声と表情・しぐさを改善したとしましょう。

ですが、7%の話す内容がガタガタなら、声にも影響してします。自信のなさが態度に現れます。結果、表情やしぐさにも影響するでしょう。内容に自信がない人が、内容以外の部分で頑張っても、根本の問題は解決していないわけですから。

スピーチで観客を感動させたスティーブジョブズですら、プレゼンテーション直前まで原稿を読み込み、内容を頭に叩き込んでいました。だから、人々を感動させるようなスピーチができました。

他にも、名スピーチが生まれる背後には、必ず優秀なスピーチライターがいて、彼らが原稿を書いています。

一見、勢いで行われているバライティー番組にも必ず台本が用意されています。もちろん、アドリブがほとんどですが、アドリブが上手な人ほど、頭の中で一瞬で原稿が作れます。

たった7%と思うかもしれませんが、決して無視ができない数字です。

では、なぜ無視できないのか?というと

木に例える-根っこ7%、幹38%、葉・実55%

何を話すか内容がキチンと固まっていれば、声のトーンも自然とよくなるし、表情やしぐさにもよい影響が出ます。

木に例えるとわかりやすいかもしれませんね。

根っこがダメなら、枝に水をかけても、葉っぱや実に農薬をかけても意味がありません。それどころか、凄く不自然な形の木になります。

逆に根っこがシッカリしていれば、土の栄養が幹にいきわたります。結果、奇麗な葉っぱを咲かせて、おいしい果実を作ります。

まとめ:メラビアンの法則を信じる人は頭が悪い

きついことばかり言ってごめんなさい。気に障るようだったら謝ります。

なぜ、頭が悪い!とまで言い切るのかというと、コミュニケーションセミナーなどでメラビアンの法則を教わり、それを信じる人には次の2つの特徴があるからです。

特徴1 自分で調べない、考えない

誰もがコミュニケーションについて悩んでいると思います。私も悩んだことはたくさんあります。

ですが、コミュニケーションで悩んだから、自分で調べるものです。手段は何でも構いません。インターネットで調べてもよいし、本屋や図書館に行って、ピッタリな本を手に取るのもよいでしょう。

すると、メラビアンの法則なんてすぐ見つかることに気づきます。

それすらできず、セミナーで講師から教わり、「あ、こんな法則があったんだー」と感動していたら、私は本を読んでいません!自分で調べていません!人から教えてもらうしか知識を得る方法はありません!と認めるようなもの。

特徴2 自分しか見えていない

声のトーンや見た目やしぐさに気を使うことはそのものは間違ってはいないと思います。

ですが、それは誰のために行っていますか?

そういうことです。

声のトーンや見た目やしぐさだけに気を使っている時点で、自分をよく魅せることしか考えていないんです。

あなたのお話を聞く相手のことはほぼ眼中にありません。

私も人に何かを教える立場なので、この3つは必ず考えます。

  1. 相手にどうなってほしいか?
  2. そのうえで何を伝えるべきか?
  3. 結果、それが相手の満足につながるのか?

この3つがうまく回れば、自分がどう見られようとどうでもいいんです。ディベートを教えるているときは、このスタンスです。7%の内容にしかこだわっていません。

他の93%は捨てて・・・・はいませんが、そこに気を遣う暇があれば、7%にリソースを注ぎます。

余談ですが、著書:ウケる技術の著者:水野 敬也氏、小林 昌平、 山本 周嗣 氏は、こう言いました。

コミュニケーションの本質は愛だ!

もういちど言います。

コミュニケーションの本質は愛だ!

メラビアンの法則を通して、93%の重要性に気づいたとき、あなたは、これからあなたが言葉を伝えるであろう相手のことは見えていたでしょうか?その人に対して愛はあったでしょうか?

逆に、この「愛」さえあれば、言葉が7%でも、声が38%だろうと、表情が55%でも全く関係がありません。

最後に愛が勝ちます。

補足

落ちがくだらなすぎて申し訳ございません。

メラビアンの法則は、確かに解りやすくて便利なんですけれど、見せかけの数字に踊らされて、本質を見失っているなぁと思う人が多かったので、ここにまとめてみました。

 

自己紹介


休日に即興ワークショップを運営しているウェブデザイナー。
ひとりひとりが自らアイディアを形にしながら、自分の言葉で表現する力を育てる場を創るため即興ディベート、エニアグラム、クリエイティブワークスペースなど参加型の講座を運営中。
2018年からは、コーチング、カウンセラー、セラピストの方に向けたオンリーワンの講座を開発予定。

関連記事と広告

関連記事と広告



-心理学・影響力の武器

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.