Plan→Do→Seeはディベートで学べる

投稿日:


こんにちは、木村です。

2012年頃に、『ディベートは、Plan→Do→Seeのサイクルを回すのに最適なトレーニングですね』と参加者の方からお言葉を頂いたので紹介します。

Plan→Do→Seeとは、計画をして、実行して、その結果を振り返るサイクルですね。ディベートに落とし込むならこんな感じでしょうか?

ディベートとPlan→Do→Seeのサイクル

  1. 【Plan】いきなりディベートを行うのではなく、まずは皆でテーマを決めて、ある程度議論の方向性を練る
  2. 【Do】ある程度、議論全体の方向性が見えたら、チームを決めて作戦会議。時間になったら試合スタート
  3. 【See】試合が終わったら必ず判定とフィードバックがある。時間があればみんなでお話をする

即興ディベートワークショップでは、いきなり試合をするのではなく、みんなで議論の方向性や争点を共有します。それから、一気に試合をしますね。

この流れで

立論、質疑、第一反駁、第二反駁については、こちらの記事が参考になります。

「立論」「質疑」「反駁」3スピーチのやり方を理解しよう!

いきなり即興でディベートをするインプロ部です!「ディベートとは何か?|初心者・未経験者向けのディベート講座」の記事を読んでくださりありがとうございます。 まぁ、お陰様で、GoogleやYahoo!で【 ...

続きを見る

2017年になってから、コンサルタントやコーチングのお仕事をしている方からの申し込みがあり、ビジネスに役に立つスキルをディベートで身につけたいとお願いされて、ディベートの中身をアレンジしています。

そのひとつがPlan→Do→Seeの流れを作ることなのですが、果たして効果はあるのでしょうか?

・・・ちなみに、私は性格的にPDSサイクルを回すのが凄く苦手です。(笑)

思いつきで行動したい人なので・・・・。

流石にそれではいけないと思って、2018年からは仕事では日々の行動を改善する時間も作っていますが・・・業務時間外に。

Plan→Do→Seeのトレーニングを積みたい方は、是非とも即興ディベートワークショップへ。(笑)

説得力がないですね。

ただ、この流れでディベートを進めていくことはお約束します。

今日はこの辺で♪

 

 

 

 

自己紹介


休日に即興ワークショップを運営しているウェブデザイナー。
ひとりひとりが自らアイディアを形にしながら、自分の言葉で表現する力を育てる場を創るため即興ディベート、エニアグラム、クリエイティブワークスペースなど参加型の講座を運営中。
2018年からは、コーチング、カウンセラー、セラピストの方に向けたオンリーワンの講座を開発予定。

関連記事と広告

関連記事と広告



-ワークショップ

Copyright© インプロ部 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.