ディベートで身に付く4つのスキル

投稿日:2015年1月29日 更新日:


こんにちは、木村です。即興ディベートワークショップをはじめて、ちょうど1年半が過ぎた今日この頃です。

このサイトを立上げて即興ディベートワークショップへの集客から当日の運営までひとりで全部行って色々と見えてきたものありましたので、ひとつひとつをまとめていきたいと思います。

ちょっと初心に戻って、ディベートを通じてどんな力が身につくのか?についてお伝えしていきます。

目次は以下の通りです。

ad

目次

1.ディベートはどんなことをするのか?

物凄く簡単にいうと、お題が与えられて賛成側と反対側に分れて議論をするだけです。タイムテーブルが用意されていたり、試合の勝敗が第三者に委ねられているため、普通の議論とは異なります。

議論や討論こそしますが、その目的がいかに説得力を競うことであり、よりスピーチが論理的であると判断したら、ジャッジはそちら側に投票します。

そういう意味では、物凄く特殊かもしれませんね。

1-1 議論を通してどんなスキルが身につくのか?

ディベートの教科書を開くと、この4つの力が強調されていますね。

 

 

 

 

 

 

 

ディベートの教科書を開くと、この4つのスキルが強調されていますね。

  1. 理解力-相手の議論を聴いてどこがポイントなのかを理解する力
  2. 分析力-物事を批判的に考える力。深く考えて盲点を探る力
  3. 構成力-話をまとめる力。話す順番を練る力
  4. 表現力-相手に解りやすく物事を伝える言葉選び

ディベートの試合では、相手の議論を聴いて何が言いたいのかを理解するところからスタートです。

ディベートをすると話すことばかりに焦点が置かれますが、そもそも相手の議論が理解できていないとその議論に対して的確に反論ができません。

コミュニケーションは「話す」よりも「聞く」ほうが大事だと言われていますが、これはディベートにも当てはまります。

相手の議論ができたら、分析です。「批判的」というとネガティブなイメージがありますが、鵜呑みにせずに多面的に物事を考える力ですね。

例えば、テレビやインターネットでメディアは、「日本はドンドンとダメになる!」といいますが、これは本当でしょうか?

「なんでダメになるか、この人は根拠や理由をキチンと示しているか?」

「ある面ではだめになっても、別の面から見たらどうか?」

「貧困や経済格差を取り上げているが、今は貧困世帯もスマートフォンを持っているぞ。(昔の貧困は学校にお弁当を持ってこれないレベルだったぞ。)」など

と、様々な視点から物事を考察する能力です。この能力はディベートを通じて身につく能力だと思っています。(詳しくは後述します)

ここまでは「相手の議論を聞いて理解する」「考えて盲点を分析する」でしたが、「まとめる」「伝える」では、アウトプットの能力を養うこともできます。

1-2 実際はどうなのか?

一長一短では身につきませんが、継続してディベートのトレーニングをするとこの4つの力は身につきます。

ディベートをやりこんでジャッジができるレベルになると、この「理解力」「分析力」「構成力」「表現力」は身についていると考えてもよいでしょう。

 

2.コミュニケーションの練習になるか?

このサイトを立ち上げる前に、他のディベートサイトを見ていましたが、「コミュニケーション能力向上」というキーサードが前出しされていましたね。

ウソつくなー!!!!!と心の中で叫んでいました。

2-1 売り文句や釣だったりする

もうただのキャッチコピーです。

ディベートを学んでビジネスで使えるコミュニケーション能力を身につけよう!といえば、コミュニケーションに自信が持てない人がディベートに参加してくれるだろう!というディベート団体の狙いです。

マーケティング戦略ですね。(笑)

そして、案外と引っかかる人がいます。

2-2 実際はどうなの?

 

 

2-2-1 ディベートの試合では最強でもリアルコミュニケーションが下手

ですが、ひとつ問題があって、この4つの力がディベートという特定の枠組みの中だけで終始しているケースが現行のディベート教育の問題です。

ディベートの世界では、「理解力」「分析力」「構成力」「表現力」が最強ですが、リアルになると全くダメになる人たちが周りにたくさんいました。(自分もその一人だったかも)

2-2-2 だから、ディベートに逃げる元ディベーターの大人たち(私もその一人かも)

 

2-3 突き詰めるとアカデミックの思考

日本で行われているディベートは、社会人向けではなく中学生、高校生、大学生や大学院生を対象にして設計されています。

アカデミックディベート・教育ディベートというものですね。

そんなアカデミックディベートの特徴は2つです。

2-3-1 アカデミックはリサーチが基本

カンタンにアカデミックディベートの流れを説明すると、

  • 事前にテーマが発表される
  • テーマに関連した資料を集める
  • 議論のカードを大量に作成する
  • 試合ではそのカードを読むだけ

試合ではカードを読むだけ」は言い過ぎかもしれませんが、それだけ気合いを入れて準備をしてディベートの試合に臨みます。

2-3-2 試合前の準備が全て!

どんなにプレゼンテーションやスピーチが上手でも、準備ができていないとディベートはできません。負けます。

ディベートの先生だって準備をしなければ、学生には勝てません。

ハーバード大学の学生でさえ、囚人に負けたという面白話があるくらいです。

この時点で、学生が論文を書くために行うリサーチ力を鍛える場であってスピーチ力を鍛える場ではないんです。

3.マイナーな即興ディベート

対して、私が教えているのは、リサーチを一切に行わずその場でお題が与えられて、その場で議論を作成して、半ば行き当たりばったりで試合をする即興型のディベートです。

  • 理解-証拠資料の中身と主張さえ理解できればOK→相手の言葉からその意味や文脈を探る
  • 分析-証拠資料→主張→推論で考える→根拠→主張→論拠
  • 構成-同じ
  • 表現-ジャッジさえ理解できれば早口でもOK、一般人向けの適度なスピーチが求められる

いちばん大変なのは、最後の「表現」です。

3-1 ディベート業界の人は即興をバカにしている

リサーチをせずにお気楽なディベートだと思っています。

ディベートは試合前の準備が9割とお考えのアカデミック信者にとって、即興ディベートは異教徒のようなものなのでしょう。嗚呼

3-2 ただ、彼らの主張は正しい(と思う)

3-3 社会人ディベートCafe☆で気付いたこと

で、結局独りよがりになっている時期がありました。

結果、アカデミックディベートが即興ディベートになっただけで、消耗しました。

4.なら、「ためになる」即興ディベートを創ろう

完全に一人になったときに思ったことは、それならひとりで当初作りたかった「ため」になるディベートを自力で創ろう!ということでした。

ひとりでディベートの仕事を全部行うことに対しての不安はありましたよ。

けれど、誰かと組む方がもっと不安ですから。(経験的事実)

4-1 即興ディベートワークショップのコンセプト

ひたすら即興ディベートのクオリティーや教える内容に力を入れるのではなく、参加者様ひとり一人の参加度を第一に考えました。

極論をいうなら、ディベートの試合は無理してしなくていいから、即興ディベートワークショップのはじめから終わりまではただ講義を聴くだけではなく、一緒に企画を創る仲間として参加をしてもらえるようにと裏で策を練っていました。

その結果、ワークショップという枠組みを活用して、完全参加型の講座にしました。

4-1-1 ワークショップに力を入れた

即興ディベートワークショップを始めたころに自分に言い聞かせていたことは、セミナーじゃなくてワークショップ!

セミナーは、学校の授業と同じで講師が話していることを聴いているだけの退屈な空間だ!

もっとインタラクティブな活動にしたい。

4-1-2 全員が参加できる空間を作る

参加者様と直接お話をする!どんな動機でディベートに興味を持ってくれたか?ディベートってどんなイメージがあるか?今どんな仕事をしているか?ハマっていることは?など。

あまり個人的な詮索はするべきではないという意見もありますが、私が超オープンな性格なのか、結構みんなプライベートのお話とか本音をポロポロと話してくれます。

そんなもんです。

4-2 結果と課題

4-3 キーワードは自信と技術

5.即興ディベートで身につく力

5-1 聴く→考える/まとめる→伝えるの4ステップ

5-2 あなたらしい「スタイル」「思考」を確立する

5-2-1 スタイル

5-2-2 思考

5-3 自分の強みに気付くこと

5-4 概念構成力

5-5 企画を創る力

5-6 人生を面白おかしく生きる

ドラゴンボールを見て亀仙人から学んだことです。パクリです。

 

 

 

 

 

 

sponsored link



sponsored link



即興ディベートワークショップ

イベント案内

またの名!専門職のための即興ディベート講座。
2017年より「専門職」が活躍できるステージを作りたいと思い、シンプル、スグできる、ためになる!ディベート講座を開催中。

ひとつのことに打ち込んできたあなたならディベートはできるし、武器になります。

-ディベート

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.