ディベートのテーマを作るときに決めること3つ

投稿日:2015年12月11日 更新日:


ディベートのテーマを作る方法

インプロ部の即興ディベートでは、みんなでディベートを作る!ことを何よりも大事にしています。他のディベート団体だと主催者の人達がテーマを作って、参加者の人達はそのテーマにそってディベートの試合をするだけですが、うちは逆。

ひとりひとりの「興味ある」をディベートで体現するのが私のポリシーなので。2016年に入ってからは、ディベートの「デ」の字も知らない人にテーマを作らせたこともありましたね。

sponsered link

ディベートのテーマを作ったことがある人なんてそうはいないと思いますが、いくつかポイントを抑えれば簡単です。

はじめに

1.ディベートって何?と思ったら・・・

ディベートの定義・意味

アクセス解析を調べたら、本記事とは全く関係のないキーワードで訪問した方がたくさんいました。理由は解りません。でも、これも何かの縁なので、この場でディベートについて簡単に説明します。

ディベートについてもう知っている人は豪快に読み飛ばして下さい。

1-1 ディベートとは何か?

即興ディベートとは

異見対立を前提にしたテーマが事前に与えられ、選手を賛成側(肯定側)と反対側(否定側)に分け、発表形式で決まった時間・順番に沿って議論をするゲームです。試合には明確な勝敗があり、第三者であるジャッジを説得できたかで決まります。ディベートの定義・ルール・進め方、試合のやり方なの全て説明しています。

インプロ部では、即興力UPを目的に、初心者・未経験者を対象にディベートのワークショップを行っています。

【初心者・未経験者歓迎の講座】:インプロ部の即興ディベートセミナー・ワークショップ

ディベートについてさらりと紹介をしたところで本題のテーマ(論題)づくりに入りましょう。

1-2 ディベートのテーマとは?

ディベートのテーマとは

ディベートでは、まずお題が用意されています。一般的には、これを「論題」と呼んでいます。ここでは解りやすく、「テーマ」という言葉を使っています。

●●は××をするべきである」というテーマを設定して、このテーマにそって選手を賛成側と反対側に分けて説得力を競うのがディベートです。ディベートは自分の意見を述べるのではなく、テーマを元に議論を進めていきます。

今回は、そんなディベートのテーマを参加者と一緒に作ろうということで、その方法をお伝えしています。

さて、ここからはディベートのテーマ(論題)の作り方について解説をしていきます。

2.テーマ(論題)の作り方-ポイントは3つ

ディベートのテーマ作り方

ディベートのテーマを作るときにはいくつかポイントがあります。これまでに私もディベートのテーマを量産してきましたが、必ず抑えていたのは、この3つです。逆に、この3つさえ抑えればディベートのテーマ作りは簡単です。

2-1 「すべし」で考える

ディベートのテーマが例外なく「すべし」の形式で作られています。「すべし」というのは英語でいうところの、Shouldですね。

簡単に英語でShouldと似たような表現を拾ってきました。

  • MUST(絶対にしなければならない)
  • HAVE TO(しなければならない)
  • HAD BETTER(絶対にした方がよい)
  • SHOULD(するべきである)

SHOULDの強制力は、ニュアンスとして4つの中で最も弱いです。フィフティーフィフティーくらいです。ディベートとは最も相性の良い表現なのでしょう。

2-2 「何」を決める

議論をする内容ですね。その気になれば、どんな内容でもディベートはできると思いますが、お勧めしているのは「政治」・「ビジネス」・「教育系」をテーマにしてディベートをすると失敗が少ないです。

ディベートのテーマ-政治・ビジネス

これまでに取り組んだテーマについてはこちらでもまとめているので、参考にして下さい。

参考記事ディベート-テーマ一覧-10年の軌跡&作り方

2-3 主人公を明確にする

実はこれがいちばん大事です。どんなテーマでディベートをするにしても、そのテーマを実行する主人公が抜けているとディベートの試合が成り立ちません。

3.どうしても主人公を決める必要があるのか?

ディベート-主人公

 

例えば、「企業は新卒採用を廃止するべき」というテーマでディベートをしても、その企業の従業員数が3000人以上の従業員を抱える大企業なのか、100人未満の中小企業なのかで議論する内容は異なってきます。もしもここで肯定側が中小企業の立場で議論をして、否定側が大企業の立場で議論をしたら、両方の議論は噛み合いません。

結果、「新卒採用の良し悪しは企業の規模や業態によって決まるよね」が結論になります。このような討論会を行っている団体をよくみますが、そもそもテーマの前提がずれているため、お互いの議論が噛み合っていないことがよく見受けられます。

というわけなんだ。もしも、さっきのテーマが「企業」ではなく、「セブンイレブン」だったらどうかな?
うーん。セブンイレブンだと・・・アルバイトの人が多いから、新卒採用を廃止して、アルバイトしている人達を正社員にすることで現場を知っている人達をゲットできるからありかなぁ、と思う。
だよね。じゃあ、逆に、テーマの主人公が「トヨタ自動車」だったら?
え・・・わからない。。。
真理
トヨタの場合だと、外から人材をいちから獲得するよりも、内部で育てる方が向いているから、新卒採用と定年制の方が相性がいいかもね。
え・・・でも、一概に言えなくない?あえて、新卒採用を廃止して、海外から人材を獲得する戦略もありかもよ。
そこら辺は試合をしないとわからないかもね。ただ、言えることは、テーマの主人公を決めた方が、議論するべきポイントがハッキリするからお互いの意見が噛み合いやすいんだ

3-1 社会人ディベートCafe☆時代での出来事

かつて私も同じような経験をしました。社会人ディベートCafe☆の最初のイベントです。まだ、このときは、社会人ディベートCafe☆という名前があっただけです。

その時のモデルディベートは、「小学生に携帯電話を持たせるべきか、否か」でした。ちょうどスマートフォンが普及し始めた時代ですね。

あまり覚えていないのですが、確かこんな感じの議論だった気がします。

  • 肯定側-緊急時に親といつでも連絡が取れるため、身の安全が保障される
  • 否定側-授業中に携帯電話からネットにアクセスして悪質なサイトを閲覧するかも

メリット・デメリットは全部残りました。さて、このテーマですが、先ほど指摘したとおり主人公が誰かが解りません。国家・政府が行うのか?文部省・教育委員会が行うのか?特定の学校が行うのか?そこら辺が特定できません。

肯定側は子供たちに携帯電話をもたせたい親の立場に立って議論を作りました。対して、否定側は現場の先生に立って議論を作りました。

3-2 誰の立場でジャッジを下すか?

試しに国家・政府から教育員会・文部省、学校(現場レベル)、親の達で判定をしてみました。すると、こうなりました。

  • 政府・国家-子供の身の安全第一。防犯ブザーよりも携帯電話の方がよい。肯定側
  • 教育員会・文部省-子供が授業に集中できないため、持たすべきではない。否定側
  • 学校(現場の立場)-放課後の子供の管理は学校の責任ではなく親の責任。肯定側
  • 親の立場-サイトから料金を請求されて、家計に負担をかけないで欲しい。否定側

このように主人公が誰かが明確でないと、ジャッジが判定できないばかりか、議論が噛み合わず平行線をたどることになります。

この問題を解決する方法は簡単です。

主人公を「政府・国家」「教育委員会・文部省」「学校(特定の私立学校)」など固定することです。

誰の立場で議論するべきかが明確になるからこそ、意見が違っても立場が同じであるため、お互いの議論が噛み合うのです。

3-3 絶対に主人公は必要か?

その気になれば主人公がなしでもディベートの試合ができますが、ディベーター(選手)やジャッジ(審判)にその部分を理解してもらって、その上でディベートの試合をしてもらうため、相当ストレスがかかります。

 

 

sponsered link

こちらの記事もどうぞ

-ディベート

Copyright© インプロ部 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.